Newsweek

海外投資家のユーロ圏債券取引、昨年は売り越し 1999年以来初

2017年03月21日(火)06時56分
海外投資家のユーロ圏債券取引、昨年は売り越し 1999年以来初

 3月20日、ECBが公表したデータによると、海外投資家によるユーロ圏債券取引は、ユーロが導入された1999年以降で初めて売り越しとなった。ECB本部、昨年7月撮影(2017年 ロイター/Ralph Orlowski)

[フランクフルト 20日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)が20日公表したデータによると、海外投資家によるユーロ圏債券取引は、ユーロが導入された1999年以降で初めて売り越しとなった。

一方、欧州連合(EU)崩壊の懸念が強まる中、国内投資家は超低金利が続くユーロ圏から資金を海外に振り向けた。

投資家はECBの債券買い入れプログラムに乗じて、ユーロ圏内でより高いリターンを求める代わりにユーロ圏債券を売却していたとみられる。

昨年の海外投資家によるユーロ圏債券の売り越し額は1920億ユーロで、大半が国債と銀行債。また、ユーロ圏株式の買い越し額は前年の半分以下に減少した。

一方、国内投資家は昨年、ユーロ圏外の債券を3640億ユーロ買い越し。買い越し額は前年の過去最高をわずかに下回った。

ECBはユーロ圏の債券利回りが圏外よりも低いこと、英国のEU離脱決定とそれに伴うEU存続を巡る懸念の再燃が、資金流出の原因だと指摘した。

ロイター
Copyright (C) 2013 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

人気記事はこちら

注目のキーワード

注目のキーワード

ニューストピックス

本誌紹介

特集:中国予測はなぜ間違うのか

本誌 最新号

特集:中国予測はなぜ間違うのか

何度も崩壊を予想されながら、終わらない共産党支配──。中国の未来を正しく読み解くために知っておくべきこと

2017年10月24日号  10/17発売

人気ランキング

    • 1

      iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

    • 2

      ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

    • 3

      トランプ、金正恩の斬首部隊を韓国へ 北朝鮮に加え中国にも圧力か?

    • 4

      iPhone8はなぜ売れないのか

    • 5

      NYの電車内で iPhoneの「AirDrop」を使った迷惑行為…

    • 6

      北朝鮮との裏取引を許さないアメリカの(意外な)制…

    • 7

      自分を捨てた父親を探したら、殺人鬼だった

    • 8

      石平「中国『崩壊』とは言ってない。予言したことも…

    • 9

      北朝鮮をかばい続けてきた中国が今、態度を急変させ…

    • 10

      生理の血は青くない──業界のタブーを破った英CMの過…

    • 1

      「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

    • 2

      「北朝鮮はテロリストだ」 北で拘束された息子は異様な姿で帰国し死んだ

    • 3

      北朝鮮はなぜ日本を狙い始めたのか

    • 4

      「金正恩の戦略は失敗した」増大する北朝鮮国民の危…

    • 5

      トランプの挑発が、戦いたくない金正恩を先制攻撃に…

    • 6

      米軍は北朝鮮を攻撃できない

    • 7

      北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

    • 8

      中国が北朝鮮を攻撃する可能性が再び----米中の「北…

    • 9

      米朝戦争が起きたら犠牲者は何人になるのか

    • 10

      iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい