Newsweek

NY市場サマリー(20日)

2017年03月21日(火)07時09分

[20日 ロイター] - <為替> 終盤のニューヨーク外為市場では、ポンド/ドルが下落した。英政府が29日に欧州連合(EU)基本条約(リスボン条約)50条を発動し、正式なEU離脱通告を行うと表明したことが材料視された。

ドルは他の主要通貨に対しては小動きにとどまった。

ポンド/ドルはロンドン時間の午前中に0.33%程度上昇する場面があったが、英政府がEU離脱手続き開始に関する声明を発表した後は、0.45%安の1.2336ドルまで下がった。

米連邦準備理事会(FRB)が15日までの連邦公開市場委員会(FOMC)で利上げが緩やかなペースにとどまることを示唆して以降、ドルは軟調に推移している。

18日に終わった20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議が採択した共同声明に「通貨安競争の回避」が引き続き明記されたものの、保護主義反対の文言が米国の反対で盛り込まれなかったことも、ドル安要因だった。

<債券> FRBが利上げペースを加速させる公算が小さいとの見方を背景に、国債価格が上昇した。

シカゴ地区連銀のエバンズ総裁が、年内あと2度の追加利上げ見通しを改めて示し、利上げペースの加速を期待していた投資家を失望させた。

終盤の取引で、10年債価格が7/32高。利回りは2.48%と、17日の2.50%から低下した。

エバンズ氏は、追加利上げを実施するかどうか少なくとも6月の会合まで待つ公算が大きいとの見方を示した。

<株式> ダウとS&P500がいずれも小幅安で取引を終えた。トランプ米政権の景気刺激策導入はこれまでの見通しよりも遅れるとの見方が強まり、売りがやや優勢となった。

米連邦捜査局(FBI)のコミー長官は下院情報委員会の公聴会で、オバマ前米大統領が昨年の大統領選期間中にトランプタワーで盗聴を行っていたとするトランプ大統領の主張について、裏付けとなる証拠はないと証言。S&P500とダウ平均は長官の発言が伝わると下げ基調となった。

S&Pのセクター別指数は11業種のうち7業種が下落。下げを主導したのは金融株で、原油高を見込む取引の巻き戻しが続いたエネルギー株も全般に安かった。ナスダック指数は取引時間中に一時過去最高値をつけたが、その後は伸び悩み、小幅高で終わった。

個別銘柄では、アップルが1.05%高。証券会社による株価目標引き上げを好感して買われ、取引時間中には過去最高値を更新する場面もあった。

<金先物> 最近の上伸を受けた追随買いが入り3営業日続伸した。中心限月4月物の清算値は前週末比3.80ドル(0.3%)高の1オンス=1234.00ドルと、3月1日(1250.00ドル)以来約3週間ぶりの高値を付けた。

主要な米経済指標の発表もなく新規の手掛かり材料が不足する中、テクニカルな買いに支えられた。ただ、外国為替市場でドル売り・ユーロ買いの動きが一服し、ドルが昼にかけて買い戻されたため、ドル建てで取引される金には割高感が生じ、上値は限定的だった。

<米原油先物> 石油輸出国機構(OPEC)主導の協調減産効果が米国内の生産拡大によって相殺されるのではないかとの懸念がくすぶる中、反落した。米国産標準油種WTIの4月物の清算値は前週末比0.56ドル(1.15%)安の1バレル=48.22ドル。取引量が最も多い5月物は0.40ドル安の48.91ドルとなった。

ロイター
Copyright (C) 2013 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

人気記事はこちら

注目のキーワード

注目のキーワード

ニューストピックス

本誌紹介

特集:日本を置き去りにする作らない製造業

本誌 最新号

特集:日本を置き去りにする作らない製造業

ものづくり神話の崩壊にうろたえる日本。新たな形の製造業が広がる世界

2017年12月19日号  12/12発売

人気ランキング

  • 1

    北の核実験で広がる「幽霊病」と苛酷な仕打ち

  • 2

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営者が語る

  • 3

    ビットコインのために自宅を担保にするバカ、米当局が警告

  • 4

    算数が得意な富裕層の子どもと、家庭科が得意な低所…

  • 5

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 6

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 7

    集団レイプで受けた心の傷から肥満に苦しむ女性の回…

  • 8

    苦しまない安楽死マシンなら死を選びますか?

  • 9

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 10

    料理は科学!スクランブルエッグは空気と塩でこんな…

  • 1

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 2

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃しながら大喜びか

  • 3

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代から生きてきた

  • 4

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

  • 5

    EVとAIで人気のテスラ ささやかれる「自動車製造を…

  • 6

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 7

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 8

    キャノーラ油で認知症が悪化する──米研究

  • 9

    中国軍駐留で北朝鮮の非核化を

  • 10

    北の核実験で広がる「幽霊病」と苛酷な仕打ち

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 3

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 4

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 5

    米朝戦争になったら勝つのはどっち?

  • 6

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 7

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 8

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 9

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

  • 10

    「セックスしている子もいるけど私はしたくない」 …

もっと見る

Picture Power

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい