Newsweek

ECBの資産買い入れ資金、ドイツに滞留=独連銀月報

2017年03月21日(火)08時29分

[フランクフルト 20日 ロイター] - ドイツ連銀が20日公表した月報で、リスクに対する投資家の警戒姿勢を背景に、欧州中央銀行(ECB)の資産買い入れで供給された資金がドイツ国内で再投資されずに積み上がっていることが分かった。

ECBはユーロ圏の成長支援およびインフレ押し上げのため、大量の資産買い入れを実施しているが、供給資金はしばしば外国投資家が保有するドイツ国内の銀行口座に入り、そのまま滞留している。

そのため、ユーロ圏の中央銀行間決済システム「ターゲット2」では、ドイツの純債権が2月に過去最高の8140億ユーロ(8751億3000万ドル)に増加した。

一方、同じ2月のターゲット2におけるイタリアの債務は過去最高の3861億ユーロだった。

イタリア中銀は債務の増加について、イタリア国民が自国の国債を売って貯蓄の大半を外国資産に回していることやECBによる資産買い入れが主な理由としている。

独連銀の月報によると、ユーロ圏諸国の債券利回りはドイツより高い傾向があるにもかかわらず、資産の売却資金は他国に再投資されていない。

これはドイツ以外の国に対する投資家の消極姿勢の表れで、ECBの刺激策の有効性に対する疑問を提起している。

連銀は月報で「資産買い入れのこうした2次的効果がドイツを含む一部の国で生じていないことは注目に値する」と指摘している。

ECBはこの件に関するコメントを差し控えた。

ロイター
Copyright (C) 2013 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

人気記事はこちら

注目のキーワード

注目のキーワード

ニューストピックス

本誌紹介

特集:中国予測はなぜ間違うのか

本誌 最新号

特集:中国予測はなぜ間違うのか

何度も崩壊を予想されながら、終わらない共産党支配──。中国の未来を正しく読み解くために知っておくべきこと

2017年10月24日号  10/17発売

人気ランキング

    • 1

      iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

    • 2

      ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

    • 3

      トランプ、金正恩の斬首部隊を韓国へ 北朝鮮に加え中国にも圧力か?

    • 4

      iPhone8はなぜ売れないのか

    • 5

      NYの電車内で iPhoneの「AirDrop」を使った迷惑行為…

    • 6

      北朝鮮との裏取引を許さないアメリカの(意外な)制…

    • 7

      自分を捨てた父親を探したら、殺人鬼だった

    • 8

      石平「中国『崩壊』とは言ってない。予言したことも…

    • 9

      北朝鮮をかばい続けてきた中国が今、態度を急変させ…

    • 10

      生理の血は青くない──業界のタブーを破った英CMの過…

    • 1

      「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

    • 2

      「北朝鮮はテロリストだ」 北で拘束された息子は異様な姿で帰国し死んだ

    • 3

      北朝鮮はなぜ日本を狙い始めたのか

    • 4

      「金正恩の戦略は失敗した」増大する北朝鮮国民の危…

    • 5

      トランプの挑発が、戦いたくない金正恩を先制攻撃に…

    • 6

      米軍は北朝鮮を攻撃できない

    • 7

      北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

    • 8

      中国が北朝鮮を攻撃する可能性が再び----米中の「北…

    • 9

      米朝戦争が起きたら犠牲者は何人になるのか

    • 10

      iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい