Newsweek

ギリシャ支援問題、意見の溝埋まらず協議継続=ユーログループ議長

2017年03月21日(火)08時30分

[ブリュッセル 20日 ロイター] - ユーロ圏は20日、ブリュッセルで財務相会合(ユーログループ)を開催した。終了後、デイセルブルム議長は、ギリシャ問題について、支援融資実行の条件である改革について、ギリシャと意見の溝が埋まらないままで終わったことを明らかにした。

デイセルブルム議長は会見で「いくつかの重要な問題」が依然解決していないことを明らかにしたうえで「本日の会合では、ブリュッセルで今後数日間、集中的な協議を続けていく、ということになった」と述べた。合意の具体的な見通しは示さなかった。

議長は、次回のユーログループが4月7日に開催されるが、それまでにすべての作業が完了することは保証できない、とも述べた。

ギリシャと同国を支援するユーロ圏諸国は、税改革や労働市場改革についてまだ合意できていないが、協議でいくらかの進展が図られたという。

改革について合意が成立すれば、ユーロ圏諸国は、支援終了後のプライマリーバランスや債務負担の軽減など、ギリシャ財政の将来的な持続性について協議を始めることができる。

ギリシャとユーロ圏が包括的合意に至れば、国際通貨基金(IMF)がギリシャ支援に参加する道が開ける。ドイツなどは、IMFの参画が支援継続の条件としている。

ただ、IMFは、ギリシャの債務負担の軽減を主張。ドイツはこれに反対しており、ユーロ圏とIMFの間にも溝がある。

ロイター
Copyright (C) 2013 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

人気記事はこちら

注目のキーワード

注目のキーワード

ニューストピックス

本誌紹介

特集:日本を置き去りにする作らない製造業

本誌 最新号

特集:日本を置き去りにする作らない製造業

ものづくり神話の崩壊にうろたえる日本。新たな形の製造業が広がる世界

2017年12月19日号  12/12発売

人気ランキング

  • 1

    北の核実験で広がる「幽霊病」と苛酷な仕打ち

  • 2

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営者が語る

  • 3

    ビットコインのために自宅を担保にするバカ、米当局が警告

  • 4

    算数が得意な富裕層の子どもと、家庭科が得意な低所…

  • 5

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 6

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 7

    集団レイプで受けた心の傷から肥満に苦しむ女性の回…

  • 8

    苦しまない安楽死マシンなら死を選びますか?

  • 9

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 10

    料理は科学!スクランブルエッグは空気と塩でこんな…

  • 1

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 2

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃しながら大喜びか

  • 3

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代から生きてきた

  • 4

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

  • 5

    EVとAIで人気のテスラ ささやかれる「自動車製造を…

  • 6

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 7

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 8

    キャノーラ油で認知症が悪化する──米研究

  • 9

    中国軍駐留で北朝鮮の非核化を

  • 10

    北の核実験で広がる「幽霊病」と苛酷な仕打ち

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 3

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 4

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 5

    米朝戦争になったら勝つのはどっち?

  • 6

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 7

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 8

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 9

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

  • 10

    「セックスしている子もいるけど私はしたくない」 …

もっと見る

Picture Power

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい