Newsweek

英失業率、5─7月は4.3%に低下 賃金の伸びは予想に届かず

2017年09月13日(水)20時00分

[ロンドン 13日 ロイター] - 英国立統計局(ONS)が発表した統計によると、5─7月の失業率(ILO方式)は4.3%で、4─6月の4.4%から予想外に低下、1975年以来の水準となった。ただ賃金の伸び率は予想を下回った。

統計を受けて、イングランド銀行(英中銀)の当局者の間で、利上げ時期を巡る意見の対立が深まりそうだ。また、公的セクターの給与の上限をさらに緩和するよう、メイ政権への圧力が強まる可能性がある。

就業者数は過去最高の3213万6000人で、18万1000人増。2015年終盤以来の大幅な増加となった。欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)が決まった国民投票以降、今年は英経済の不振を示す兆候が出ているが、雇用創出は急ピッチで進んでいることが分かった。

5─7月の賃金は前年同期比2.1%増。ここ数カ月とほぼ同水準の伸びにとどまった。ロイター調査では2.3%増が予想されていた。

ボーナスを除いた賃金は2.1%増加。予想は2.2%増だった。

フィデリティ・インターナショナルのファンドマネジャー、エド・モンク氏は、賃金の伸びが鈍いことを受けて、イングランド銀行は今週の政策会合でインフレ上昇を精査する可能性がより高くなったと指摘。その上で「物価は目標を超えて上昇しているが、今日の賃金のデータはすべての経済データが改善したわけではないことを示している」と述べた。

*内容を追加しました。

ロイター
Copyright (C) 2013 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

注目のキーワード

注目のキーワード

ニューストピックス

本誌紹介

特集:北朝鮮の歴史

本誌 最新号

特集:北朝鮮の歴史

核・ミサイル開発に日本人拉致問題、テロ活動...... 不可解過ぎる「金王朝」を歴史で読み解く

2017年11月28日号  11/21発売

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮の金正恩指導部に亀裂? 最側近の軍司令官を処罰

  • 2

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 3

    インドネシア軍・警察の処女検査、 人権団体が廃止要求

  • 4

    北朝鮮の孤児たちは、牛糞まであさって飢饉を生き延…

  • 5

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 6

    東日本大震災の瓦礫に乗って、外来種がやって来た

  • 7

    「嫌な気持ちは寝て忘れちゃえ」は逆効果?

  • 8

    「筋トレは、がんによる死亡リスクを31%下げる」と…

  • 9

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 10

    NYは毒入りリンゴ? 子ども5400人が鉛中毒に

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 3

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 4

    北朝鮮の金正恩指導部に亀裂? 最側近の軍司令官を処罰

  • 5

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 6

    東日本大震災の瓦礫に乗って、外来種がやって来た

  • 7

    サンフランシスコ「従軍慰安婦像」への大阪市対応は…

  • 8

    「筋トレは、がんによる死亡リスクを31%下げる」と…

  • 9

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 10

    北朝鮮、亡命の兵士を追って軍事境界線を越境してい…

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮の電磁パルス攻撃で「アメリカ国民90%死亡」――専門家が警告

  • 3

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 4

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 5

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 6

    北朝鮮経済の「心臓」を病んだ金正恩─電力不足で節約…

  • 7

    トランプは宣戦布告もせず北朝鮮を攻撃しかねない

  • 8

    「トランプ歓迎会に元慰安婦」の陰に中国?

  • 9

    「セックスしている子もいるけど私はしたくない」 …

  • 10

    北朝鮮の子供たちの余りに残酷な現実 身分で決まる…

もっと見る

Picture Power

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい