Newsweek

8月米卸売物価指数0.2%上昇、ガソリン値上がり

2017年09月14日(木)02時24分

[ワシントン 13日 ロイター] - 米労働省が13日発表した8月の卸売物価指数(PPI、最終需要向け財・サービス)は前月比0.2%上昇した。ガソリンの値上がりが目立ったほか、基調的な卸売価格も上昇している兆しがみられた。市場予想は0.3%上昇だった。

7月は0.1%下落していた。

8月の前年同月比は2.4%上昇。市場予想は2.5%上昇だった。7月は1.9%上昇していた。

変動の大きい食品とエネルギー、貿易サービスを除いたコア指数は前月比0.2%上昇。7月は横ばいだった。8月の前年同月比は1.9%上昇。7月も1.9%上昇していた。

FRBは次の利上げの時期を見極めるため、インフレ動向を注視している。エコノミストらはFRBが9月19-20日の会合で4兆2000億ドル規模の米国債や住宅ローン担保証券(MBS)の保有資産を縮小し始める旨を発表するとみている。利上げは12月まで待つとの見方が大勢だ。

前月比の内訳はガソリンが9.5%上昇し、1月以来の大幅な値上がりとなった。7月は1.4%下落していた。0.5%上昇となったモノの卸売物価の値上がり要因のうち75%を占めた。ハリケーン「ハービー」によりテキサス州で石油精製に影響が出ており、ガソリンは今後さらに値上がりする可能性がある。

8月のPPIは主にガソリン価格の上昇で押し上げられたため、エコノミストの間では今回の結果でFRB当局者の低インフレに対する懸念が後退することはないとの見方が出ている。

RDQエコノミクス(ニューヨーク)の首席エコノミスト、ジョン・ライディング氏は「ハリケーン『ハービー』と『イルマ』の襲来を受けエネルギー価格の上昇が9月のインフレ関連の指標で主要な注目要因になる公算が大きいが、FRBは物価に対する影響は一時的なものと見なす可能性が高い」と指摘。

また、バンク・オブ・ザ・ウエスト(サンフランシスコ)の首席エコノミスト、スコット・アンダーソン氏は「今回の結果は正しい方向に向けた一歩となる」としながらも、「コア消費者物価の上昇率をFRBの目標に押し上げるに十分なほど強くもなかったし、裾野が広がったわけでもなかった」と述べた。

食品は1.3%下落し、2015年2月以来の大幅な値下がりとなった。7月は横ばいだった。

食品とエネルギーを除くモノの卸売物価は0.2%上昇した。7月は0.1%下落していた。

サービスは0.1%上昇。消費者ローンのサービスが1.7%上昇し、全体の値上がりの半分以上を占めた。サービスは7月に0.2%下落していた。

医療サービスは2カ月連続で0.3%上昇した。こうした費用は、FRBが物価の目安として注目するコア個人消費支出(PCE)物価指数に組み込まれている。エコノミストらは、公的医療保険(メディケア)における医者や病院への還付金の伸びが弱いことが全体を抑制していると指摘する。

コアPCE物価指数は、FRBが目標とする2%を12年中ごろから下回り続けている。7月のコアPCE物価指数は前年同月比1.4%上昇し、15年12月以来の小幅な伸びとなった。

*内容を追加して再送します。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

ロイター
Copyright (C) 2013 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

注目のキーワード

注目のキーワード

ニューストピックス

本誌紹介

特集:対中国の「切り札」 インドの虚像

本誌 最新号

特集:対中国の「切り札」 インドの虚像

中国包囲網、IT業界牽引、北朝鮮問題解決...... 世界の期待が高まるが、インドの実力と真意は不透明だ

2017年9月26日号  9/20発売

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮暴走に対する中国の見解――環球時報社説から

  • 2

    中国とロシア、北朝鮮付近で海軍の合同軍事演習を開始

  • 3

    AV強要の実態に、胸を締めつけられ、そして驚かされる

  • 4

    セレーナ・ゴメスに腎臓をあげた親友に考えられる健…

  • 5

    日本が急接近するインドが「対中国」で頼りにならな…

  • 6

    性科学は1886年に誕生したが、今でもセックスは謎だ…

  • 7

    金正恩「北朝鮮は米国との軍事力で均衡を目指す」

  • 8

    北朝鮮を20年も放置した中国は責任を取るべき

  • 9

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 10

    「正義」を冷笑して権力を手にしたトランプ

  • 1

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 2

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 3

    強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密演説

  • 4

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

  • 5

    AV強要の実態に、胸を締めつけられ、そして驚かされる

  • 6

    【戦争シナリオ】北朝鮮はどうやって先制攻撃してく…

  • 7

    性科学は1886年に誕生したが、今でもセックスは謎だ…

  • 8

    中国は北朝鮮に侵攻して核兵器を差し押さえるか?

  • 9

    自転車シェアリングが中国で成功し、日本で失敗する…

  • 10

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 1

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 2

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 3

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 4

    北朝鮮問題、アメリカに勝ち目はない

  • 5

    強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密…

  • 6

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

  • 7

    イルカの赤ちゃんはなぶり殺しだった

  • 8

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 9

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

  • 10

    AV強要の実態に、胸を締めつけられ、そして驚かされる

もっと見る

Picture Power

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい