Newsweek

コリン・ジョイス

Edge of Europe

思惑入り乱れる「即決」イギリス総選挙

2017年04月21日(金)10時40分
思惑入り乱れる「即決」イギリス総選挙

メイ首相はEU離脱に向けて政治基盤の安定化を図りたいようだが Stefan Wermuth-REUTERS

<6月の総選挙で、保守党は期待したほど議席数を伸ばせないだろう。労働党はボロ負けして、それでもコービンが党首にとどまれば、主流派の議員が分裂して新党を結成するかもしれない>

僕がイギリスに帰国した翌年の2011年、総選挙を5年ごとに行うとの法律が定められた。この法律は、与党が5年「以内」の自党に最も有利な時期に総選挙を行う、という既存のシステムに取って代わることになった。

プロフィール

プロフィール

コリン・ジョイス

フリージャーナリスト。1970年、イギリス生まれ。92年に来日し、神戸と東京で暮らす。ニューズウィーク日本版記者、英デイリー・テレグラフ紙東京支局長を経て、フリーに。日本、ニューヨークでの滞在を経て2010年、16年ぶりに故郷イングランドに帰国。フリーランスのジャーナリストとしてイングランドのエセックスを拠点に活動する。ビールとサッカーをこよなく愛す。著書に『新「ニッポン社会」入門――英国人、日本で再び発見する』(三賢社)、『「ニッポン社会」入門』(NHK生活人新書)、『「イギリス社会」入門』(NHK出版新書)など。
アドレスはjhbqd702@yahoo.co.jp >さらに読む

注目のキーワード

注目のキーワード

ニューストピックス

本誌紹介

特集:「イスラム国」の子供たち

本誌 最新号

特集:「イスラム国」の子供たち

過激なイデオロギーに感化された子供たちや帰還兵によってより潜在化するテロ組織ISISの恐怖

2017年8月 1日号  7/25発売

人気ランキング

  • 1

    ジャスティン・ビーバー 外国で激怒された6つの御乱行

  • 2

    「ジハードって楽しそうだ」ISIS崩壊後、洗脳された子供たちは...

  • 3

    トランプ大統領、トランスジェンダーの米軍入隊を禁止へ 訴訟の恐れも

  • 4

    モスル奪還作戦、写真で見るISISとの戦いの恐怖

  • 5

    シングルペアレント世帯の貧困率が世界一高い日本

  • 6

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と…

  • 7

    失踪中のドイツ人少女 ISISメンバーとしてイラクで…

  • 8

    スーツはおしゃれの道具じゃない、「細身」では信用…

  • 9

    北朝鮮エリートはSNS大好き 毎日チェックを欠かさない

  • 10

    セッションズ司法長官をクビ!にトランプ支持層が激…

  • 1

    トランプに「英語を話さない」と言われた昭恵夫人、米でヒーローに

  • 2

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあの2人

  • 3

    ロシアが北朝鮮の核を恐れない理由

  • 4

    中国人の収入は日本人より多い? 月給だけでは見え…

  • 5

    北の最高指導者が暗殺されない理由

  • 6

    ダイアナ元妃は、結婚前から嫉妬に苦しんでいた

  • 7

    シャーロット王女は「公務のプロ」 監視カメラが捉…

  • 8

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」…

  • 9

    アメックスから見た、日本人がクレジットカードを使…

  • 10

    宇宙からのメッセージ!? 11光年先の惑星から謎の信号

  • 1

    中国「三峡ダム」危機--最悪の場合、上海の都市機能が麻痺する

  • 2

    トランプに「英語を話さない」と言われた昭恵夫人、米でヒーローに

  • 3

    アメックスから見た、日本人がクレジットカードを使わない理由

  • 4

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」…

  • 5

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 6

    ロシアが北朝鮮の核を恐れない理由

  • 7

    ダイアナ元妃は、結婚前から嫉妬に苦しんでいた

  • 8

    「地球の気温は250度まで上昇し硫酸の雨が降る」ホー…

  • 9

    中国人の収入は日本人より多い? 月給だけでは見え…

  • 10

    北の最高指導者が暗殺されない理由

もっと見る

Picture Power

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい