Newsweek

コリン・ジョイス

Edge of Europe

スポーツを侵食する新時代ギャンブル

2017年08月25日(金)14時30分
スポーツを侵食する新時代ギャンブル

イギリスのスポーツファンの熱狂は良くも悪くも有名だが Eddie Keogh-REUTERS

<イギリスではギャンブルの規制緩和でスポーツがすっかり賭けの対象になり、観戦風景も様変わりした>

先日、友人とパブで夕食を取っていたら、いくつか先のテーブルに着いていた男2人がひどく興奮していた。彼らはロンドンで開催されている世界陸上をパブのテレビで観戦中で、男子200メートルでトルコ人選手が接戦を制して優勝したのに狂喜していたのだ。

プロフィール

プロフィール

コリン・ジョイス

フリージャーナリスト。1970年、イギリス生まれ。92年に来日し、神戸と東京で暮らす。ニューズウィーク日本版記者、英デイリー・テレグラフ紙東京支局長を経て、フリーに。日本、ニューヨークでの滞在を経て2010年、16年ぶりに故郷イングランドに帰国。フリーランスのジャーナリストとしてイングランドのエセックスを拠点に活動する。ビールとサッカーをこよなく愛す。著書に『新「ニッポン社会」入門――英国人、日本で再び発見する』(三賢社)、『「ニッポン社会」入門』(NHK生活人新書)、『「イギリス社会」入門』(NHK出版新書)など。
アドレスはjhbqd702@yahoo.co.jp >さらに読む

注目のキーワード

注目のキーワード

ニューストピックス

本誌紹介

特集:北朝鮮の歴史

本誌 最新号

特集:北朝鮮の歴史

核・ミサイル開発に日本人拉致問題、テロ活動...... 不可解過ぎる「金王朝」を歴史で読み解く

2017年11月28日号  11/21発売

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮の金正恩指導部に亀裂? 最側近の軍司令官を処罰

  • 2

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 3

    インドネシア軍・警察の処女検査、 人権団体が廃止要求

  • 4

    北朝鮮の孤児たちは、牛糞まであさって飢饉を生き延…

  • 5

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 6

    東日本大震災の瓦礫に乗って、外来種がやって来た

  • 7

    「嫌な気持ちは寝て忘れちゃえ」は逆効果?

  • 8

    「筋トレは、がんによる死亡リスクを31%下げる」と…

  • 9

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 10

    NYは毒入りリンゴ? 子ども5400人が鉛中毒に

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 3

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 4

    北朝鮮の金正恩指導部に亀裂? 最側近の軍司令官を処罰

  • 5

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 6

    東日本大震災の瓦礫に乗って、外来種がやって来た

  • 7

    サンフランシスコ「従軍慰安婦像」への大阪市対応は…

  • 8

    「筋トレは、がんによる死亡リスクを31%下げる」と…

  • 9

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 10

    北朝鮮、亡命の兵士を追って軍事境界線を越境してい…

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮の電磁パルス攻撃で「アメリカ国民90%死亡」――専門家が警告

  • 3

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 4

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 5

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 6

    北朝鮮経済の「心臓」を病んだ金正恩─電力不足で節約…

  • 7

    トランプは宣戦布告もせず北朝鮮を攻撃しかねない

  • 8

    「トランプ歓迎会に元慰安婦」の陰に中国?

  • 9

    「セックスしている子もいるけど私はしたくない」 …

  • 10

    北朝鮮の子供たちの余りに残酷な現実 身分で決まる…

もっと見る

Picture Power

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい