Newsweek

森井裕一

欧州政治の視角

ハンブルクG20サミットは失敗だったのか

2017年07月26日(水)17時00分
    ハンブルクG20サミットは失敗だったのか

    ハンブルクG20サミットのオフィシャルディナー Kay Nietfeld-REUTERS

    <トランプ大統領の行動とハンブルクの街を破壊する暴徒の姿が注目されたG20サミット。2019年の議長国となることが決まった日本は、このG20から何を教訓とすれば良いのか>

    プロフィール

    プロフィール

    森井裕一

    東京大学大学院総合文化研究科教授。群馬県生まれ。琉球大学講師、筑波大学講師などを経て2000年に東京大学大学院総合文化研究科助教授、2007年准教授。2015年から教授。専門はドイツ政治、EUの政治、国際政治学。主著に、『現代ドイツの外交と政治』(信山社、2008年)、『ドイツの歴史を知るための50章』(編著、明石書店、2016年)『ヨーロッパの政治経済・入門』(編著、有斐閣、2012年)『地域統合とグローバル秩序-ヨーロッパと日本・アジア』(編著、信山社、2010年)など。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:科学技術大国 中国の野心

    本誌 最新号

    特集:科学技術大国 中国の野心

    豊富な資金力で先端科学をリードし始めた中国 独裁国家がテクノロジーを支配する世界

    *雪による配送遅延について

    2018年1月30日号  1/23発売

    人気ランキング

    • 1

      ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

    • 2

      アメリカのビーチは糞まみれ

    • 3

      シリアで流行した皮膚が溶ける「奇病」のワクチン開発に光が!?

    • 4

      サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

    • 5

      ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

    • 6

      暴落を予言?バフェットが仮想通貨に冷や水を浴びせ…

    • 7

      写真が語る2016年:小頭症の赤ん坊を抱きしめるブラ…

    • 8

      「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

    • 9

      「骨タイプのおやつ」で死亡する犬が急増 米政府機…

    • 10

      ウォンバットのうんちはなぜ四角いのか

    • 1

      ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

    • 2

      日本の2社しか作れない、世界の航空業界を左右する新素材

    • 3

      「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

    • 4

      ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

    • 5

      暴落を予言?バフェットが仮想通貨に冷や水を浴びせ…

    • 6

      シリアで流行した皮膚が溶ける「奇病」のワクチン開…

    • 7

      子ども13人を劣悪な環境で監禁拷問した両親を逮捕 …

    • 8

      インドの女子大生がレイプ防止パンティを開発

    • 9

      ウディ・アレン「小児性愛」疑惑を実の息子が告発

    • 10

      ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

    • 1

      北朝鮮による電磁パルス攻撃の現実味

    • 2

      [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

    • 3

      決断が日本より早い中国、でも「プチ大躍進」が悲劇を生んでいる

    • 4

      ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

    • 5

      ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

    • 6

      金正恩がアメリカを憎悪するもっともな理由

    • 7

      ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

    • 8

      南北会談で油断するな「アメリカは手遅れになる前に…

    • 9

      ビットコイン調整の陰で急騰する仮想通貨「リップル…

    • 10

      iPhoneXは期待外れ

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい