Newsweek

冷泉彰彦

プリンストン発 日本/アメリカ 新時代

東芝経営危機が象徴する、止まらない日本の技術流出

2017年04月04日(火)15時30分
東芝経営危機が象徴する、止まらない日本の技術流出

東芝の半導体部門売却には世界の優良IT企業が関心を示している Yuriko Nakao-REUTERS

<東芝の半導体部門の売却に、世界の優良企業が名乗りを上げている。これまで日本が培ってきた高度な製造技術は、資金調達ができない日本からは流出するばかり>

東芝は、傘下の原子炉製造会社ウェスチングハウス・エレクトリック(WH)に関して「チャプター11(米連邦破産法11条)」を適用して債務を整理し、同時にWHの価値が減損されることで、東芝は資金調達能力を大きく減らすことになりました。

プロフィール

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)、『アメリカモデルの終焉』(東洋経済新報社)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

注目のキーワード

注目のキーワード

ニューストピックス

本誌紹介

特集:北朝鮮の歴史

本誌 最新号

特集:北朝鮮の歴史

核・ミサイル開発に日本人拉致問題、テロ活動...... 不可解過ぎる「金王朝」を歴史で読み解く

2017年11月28日号  11/21発売

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 3

    北朝鮮問題、中国の秘策はうまくいくのか――特使派遣の裏側

  • 4

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 5

    アメリカは「安倍トラ」に無関心

  • 6

    日本に定住した日系ブラジル人たちはいま何を思うのか

  • 7

    サンフランシスコ「従軍慰安婦像」への大阪市対応は…

  • 8

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コ…

  • 9

    北朝鮮、米本土に到達可能な弾道ミサイルを年内に開…

  • 10

    飛び級を許さない日本の悪しき年齢主義

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 3

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 4

    「セックスしている子もいるけど私はしたくない」 …

  • 5

    サンフランシスコ「従軍慰安婦像」への大阪市対応は…

  • 6

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 7

    飛び級を許さない日本の悪しき年齢主義

  • 8

    日中首脳会談、習近平はなぜ笑顔だったのか

  • 9

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 10

    米空母3隻と自衛隊が共同訓練、米軍の士気高い

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮の電磁パルス攻撃で「アメリカ国民90%死亡」――専門家が警告

  • 3

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 4

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 5

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 6

    人はロボットともセックスしたい──報告書

  • 7

    北朝鮮経済の「心臓」を病んだ金正恩─電力不足で節約…

  • 8

    トランプは宣戦布告もせず北朝鮮を攻撃しかねない

  • 9

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料ま…

  • 10

    北朝鮮危機「アメリカには安倍晋三が必要だ」

もっと見る

Picture Power

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい