Newsweek

ロッシェル・カップ

TEDで学ぶLive English

「落書き」は脳を刺激する良い習慣/Disconnect between(ずれがある)

2017年04月17日(月)11時11分
「落書き」は脳を刺激する良い習慣/Disconnect between(ずれがある)

www.ted.comより

【今週のTED Talk動画】
Doodlers, unite!
https://www.ted.com/talks/sunni_brown

登壇者:サニー・ブラウン

落書き/いたずら書きは、良くないことだと思われている。このTEDトークのはじめに、doodleという言葉が歴史的にもっている否定的なニュアンスについて述べられている(考えてみると、doodleの日本語訳である「落書き」「いたずら書き」もネガティブな雰囲気を持っている)。

その後、ビジュアル思考と情報デサインを専門とするコンサルタントのサニー・ブラウン氏が、この考え方が誤りであることを立証し、落書きの位置付けを変えようとする。情報を言葉で聞いている時に落書きをする人は、しない人と比べて、より多くの情報を覚えていることが明らかになっている。一般に、落書きは集中できなくなった時に取る行動だと思われているが、実は集中を維持するための行動なのである。

【参考記事】「思いついたアイデアはメモすべし」には理由がある

キーフレーズ解説

Disconnect between
~のずれがある
(動画0:39より)

何か一致すべきことや連携を持つべきものの間にそれが欠落している場合、この表現が利用されます。「関連する」や「つながる」の意味を持つconnectの前に否定を示すdisが付けられています。ブラウン氏は、落書きに対する世の中の考え方と落書きの実態の間にdisconnectがあると述べています。

この表現を用いた例をいくつかご紹介します:

●There is a disconnect between how the Washington D.C. establishment views Ronald Reagan and how the rest of the country perceives him.
(ワシントンDCのエリートたちのロナルド・レーガンに対する見方と、その他の一般国民の彼に対する見方にはずれがある)

●In America today there is a disconnect between how people in rural areas and urban areas view things.
(今日のアメリカでは、地方の人々のものの見方と都会の人々のものの見方の間にずれがある)

●In a recent video popular on social media, there was a disconnect between the appearance of the train station worker and how his voice sounded.
(ソーシャルメディアで最近人気のあったビデオでは、駅員の外見と声との間にギャップがあった)

【参考記事】良い人生とは何か、ハーバード75年間の研究の成果/wildest dreams(無謀な夢)

プロフィール

プロフィール

ロッシェル・カップ

Rochelle Kopp 異文化コミュニケ−ション、グローバル人材育成、そして人事管理を専門とする経営コンサルタント。日本の多国籍企業の海外進出や海外企業の日本拠点をサポートするジャパン・インターカルチュラル・コンサルティング社の創立者兼社長。イェ−ル大学歴史学部卒業、シガゴ大学経営大学院修了(MBA)。『シリコンバレーの英語――スタートアップ天国のしくみ』(IBC出版)、『日本企業の社員は、なぜこんなにもモチベーションが低いのか?』(クロスメディア・パブリッシング)、『反省しないアメリカ人をあつかう方法34』(アルク)など著書多数。最新刊は『日本企業がシリコンバレーのスピードを身につける方法』(共著、クロスメディア・パブリッシング)。

注目のキーワード

注目のキーワード

ニューストピックス

本誌紹介

特集:劉暁波死去 中国民主化の墓標

本誌 最新号

特集:劉暁波死去 中国民主化の墓標

ノーベル平和賞受賞者・劉暁波の「非業の死」は中国民主化の終わりか、新たな始まりか

2017年7月25日号  7/19発売

人気ランキング

  • 1

    宇宙からのメッセージ!? 11光年先の惑星から謎の信号

  • 2

    トランプに「英語を話さない」と言われた昭恵夫人、米でヒーローに

  • 3

    中国が「くまのプーさん」を検閲で禁じたもう1つの理由

  • 4

    ソーシャルメディアはアメリカの少女たちから何を奪…

  • 5

    「インドと戦う用意ある」中国が中印国境で実弾演習

  • 6

    アメリカの部活動は、なぜ「ブラック化」しないのか

  • 7

    アメックスから見た、日本人がクレジットカードを使…

  • 8

    中国「三峡ダム」危機--最悪の場合、上海の都市機能…

  • 9

    「チョコレートは、あなたの脳力をブーストする」と…

  • 10

    くまのプーさんと習近平----中国当局が削除する理由…

  • 1

    軍事でも外交でもない、北朝鮮問題「第3の解決策」

  • 2

    宇宙からのメッセージ!? 11光年先の惑星から謎の信号

  • 3

    ロシアが北朝鮮の核を恐れない理由

  • 4

    トランプ、仏マクロン夫人に痴漢発言「肉体的に素晴…

  • 5

    アメックスから見た、日本人がクレジットカードを使…

  • 6

    「休みたいから診断書をください」--現役精神科医「…

  • 7

    アメリカの部活動は、なぜ「ブラック化」しないのか

  • 8

    劉暁波の苦難は自業自得? 反体制派が冷笑を浴びる国

  • 9

    中国が「くまのプーさん」を検閲で禁じたもう1つの理由

  • 10

    ドン・キホーテの格安4Kテレビが速攻で完売した理由

  • 1

    中国「三峡ダム」危機--最悪の場合、上海の都市機能が麻痺する

  • 2

    アメックスから見た、日本人がクレジットカードを使わない理由

  • 3

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」の証言

  • 4

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 5

    モンゴル人を大量「虐殺」 記憶遺産に値する中国の罪

  • 6

    「地球の気温は250度まで上昇し硫酸の雨が降る」ホー…

  • 7

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島…

  • 8

    資本主義はついにここまで来た。「自分」を売り出すV…

  • 9

    海自の護衛艦いずも 南シナ海でレーダーに中国軍と…

  • 10

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

もっと見る

Picture Power

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい