Newsweek

アート

最新技術が魅せる伝統美 MOA美術館、杉本博司監修でリニューアル

2017年3月2日(木)12時50分
坂本 裕子 ※Pen Onlineより転載

今年もこの季節に公開。防虫のため紙を畳に模した空間に置かれた光琳作品は、実際に和室に置かれた時の雰囲気を感じてほしいという配慮です。大胆な紅白の梅は私淑した宗達の「風神雷神図」へのオマージュとも言われています。 国宝 尾形光琳 《紅白梅図屏風》 江戸時代 18世紀 会場展示から

約11カ月の改修工事を経て、熱海のMOA美術館がリニューアルオープンを迎えました。新しい展示スペースは、現代美術作家の杉本博司と建築家の榊田倫之が主宰する「新素材研究所」が手がけました。当館の所蔵品に合わせ、屋久杉や行者杉、黒漆喰や漆、畳といった、日本の伝統的かつ逸品の素材を用いて、作品をより美しく見せる空間を演出しています。

【関連記事】
人気記事はこちら

注目のキーワード

注目のキーワード

ニューストピックス

本誌紹介

特集:国際情勢10大リスク

本誌 最新号

特集:国際情勢10大リスク

北朝鮮問題、フランス大統領選、トランプ外交──。リーダーなき世界が直面する「10のリスク」を読み解く

2017年5月 2日号  4/25発売

人気ランキング

  • 1

    フランス海軍艦艇が佐世保入港、日米英と訓練 北朝鮮をけん制

  • 2

    米空母カール・ビンソンが日本海に到達、北朝鮮に圧力

  • 3

    北朝鮮が弾道ミサイル1発を発射 同国内陸部に落下し失敗か

  • 4

    半島危機:プーチン静観は、北朝鮮よりトランプのほ…

  • 5

    北朝鮮問題で安保理会合、米国「今こそ行動すべき」

  • 6

    フランス大統領選挙―ルペンとマクロンの対決の構図を…

  • 7

    北朝鮮ミサイル実験「失敗」の真相

  • 8

    「いま米軍が撃てば金正恩たちは全滅するのに」北朝…

  • 9

    アメリカが北朝鮮を攻撃したときの中国の出方 ── 環…

  • 10

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 1

    25日に何も起こらなくても、北朝鮮「核危機」は再発する

  • 2

    北朝鮮ミサイル実験「失敗」の真相

  • 3

    北朝鮮ミサイル攻撃を警戒、日本で核シェルターの需要が急増

  • 4

    アメリカが北朝鮮を攻撃したときの中国の出方 ── 環…

  • 5

    北朝鮮、軍創設記念日で大規模砲撃演習 米原潜は釜…

  • 6

    半島危機:プーチン静観は、北朝鮮よりトランプのほ…

  • 7

    「いま米軍が撃てば金正恩たちは全滅するのに」北朝…

  • 8

    英「ロシアに核の先制使用も辞さず」── 欧州にもくす…

  • 9

    ロシア軍が北朝鮮に向け装備移動か 大統領府はコメ…

  • 10

    フランス大統領選、マクロンとルペンの決選投票へ

  • 1

    25日に何も起こらなくても、北朝鮮「核危機」は再発する

  • 2

    「いま米軍が撃てば金正恩たちは全滅するのに」北朝鮮庶民の本音

  • 3

    ユナイテッド航空「炎上」、その後わかった5つのこと

  • 4

    北朝鮮に対する軍事攻撃ははじまるのか

  • 5

    米空母「実は北朝鮮に向かっていなかった」判明まで…

  • 6

    15日の「金日成誕生日」を前に、緊張高まる朝鮮半島

  • 7

    北朝鮮への米武力攻撃をとめるためか?――習近平、ト…

  • 8

    北朝鮮近海に米軍が空母派遣、金正恩の運命は5月に決…

  • 9

    ロシア軍が北朝鮮に向け装備移動か 大統領府はコメ…

  • 10

    オーバーブッキングのユナイテッド航空機、乗客引き…

もっと見る

Picture Power

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい