Newsweek

経営

未発表研究が示す「大胆で進歩的な」財務担当者の時代

2017年3月13日(月)19時35分
ベン・ウォーカー(Dialogue誌編集長) ※編集・企画:情報工場

    andrewgenn -iStock.

    <「財務担当者といえば保守的で堅実、慎重派」が相場だったが、全米CFO連盟の研究によれば、新たなタイプの財務プロフェッショナルが登場し始めている>

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:科学技術大国 中国の野心

    本誌 最新号

    特集:科学技術大国 中国の野心

    豊富な資金力で先端科学をリードし始めた中国 独裁国家がテクノロジーを支配する世界

    *雪による配送遅延について

    2018年1月30日号  1/23発売

    人気ランキング

    • 1

      ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

    • 2

      アメリカのビーチは糞まみれ

    • 3

      サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

    • 4

      シリアで流行した皮膚が溶ける「奇病」のワクチン開…

    • 5

      犬の「うんちを食べる行為」の謎がついに解けた!?

    • 6

      ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

    • 7

      暴落を予言?バフェットが仮想通貨に冷や水を浴びせ…

    • 8

      写真が語る2016年:小頭症の赤ん坊を抱きしめるブラ…

    • 9

      ウォンバットのうんちはなぜ四角いのか

    • 10

      「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

    • 1

      ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

    • 2

      日本の2社しか作れない、世界の航空業界を左右する新素材

    • 3

      「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

    • 4

      ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

    • 5

      暴落を予言?バフェットが仮想通貨に冷や水を浴びせ…

    • 6

      シリアで流行した皮膚が溶ける「奇病」のワクチン開…

    • 7

      子ども13人を劣悪な環境で監禁拷問した両親を逮捕 …

    • 8

      インドの女子大生がレイプ防止パンティを開発

    • 9

      ウディ・アレン「小児性愛」疑惑を実の息子が告発

    • 10

      アメリカのビーチは糞まみれ

    • 1

      北朝鮮による電磁パルス攻撃の現実味

    • 2

      [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

    • 3

      決断が日本より早い中国、でも「プチ大躍進」が悲劇を生んでいる

    • 4

      ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

    • 5

      ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

    • 6

      金正恩がアメリカを憎悪するもっともな理由

    • 7

      ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

    • 8

      南北会談で油断するな「アメリカは手遅れになる前に…

    • 9

      ビットコイン調整の陰で急騰する仮想通貨「リップル…

    • 10

      iPhoneXは期待外れ

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい