古谷経衡

猫系作家の時事評論

エヴァと私の26年

2021年04月14日(水)19時00分
    アニメージュ

    エヴァ本放送の最中に発行された「アニメージュ」(徳間書店)で、放送開始直後の1995年11月号(右)と放送終了直後の1996年4月号(左) 筆者撮影

    <筆者の人格形成に決定的な影響を与えたエヴァンゲリオンとその時代>

    報道によれば現在公開中の劇場版シン・エヴァンゲリオンが興行収入74億円を突破(4月12日付報)し、いよいよ興収100億の大台に迫らんとするものである。1995年10月から放送されたエヴァが26年目にして完結する段となって、私は感慨無量である。まだ未見の諸氏は急ぎ劇場に足を運ばれることをオススメしたい。

    プロフィール

    プロフィール

    古谷経衡

    (ふるや・つねひら)作家、評論家、愛猫家、ラブホテル評論家。1982年北海道生まれ。立命館大学文学部卒業。2014年よりNPO法人江東映像文化振興事業団理事長。2017年から社)日本ペンクラブ正会員。著書に『日本を蝕む極論の正体』『意識高い系の研究』『左翼も右翼もウソばかり』『女政治家の通信簿』『若者は本当に右傾化しているのか』『日本型リア充の研究』など。長編小説に『愛国商売』など。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    人気ランキング

    • 1

      東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

    • 2

      福山雅治ほどの温厚な人を怒らせた「3つのスイッチ」とは

    • 3

      1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

    • 4

      「エッ、これが最後ニャの?」 トウモロコシ・大豆相場…

    • 5

      「お尻がキラキラ光るクモ」ではなく、無数の赤ちゃ…

    • 6

      今度は米西部でバッタが大発生、繰り返される厄災に…

    • 7

      地球上に残された「最後の秘境」で自然の静寂に耳を…

    • 8

      コーチもいないオーストリアの数学者が金メダル、自…

    • 9

      パリ五輪ロゴの出会い系アプリ激似説がネットで再燃

    • 10

      ドラァグクイーンと子供のふれあいイベントが抗議殺…

    • 1

      東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

    • 2

      1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

    • 3

      いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が成功しない訳

    • 4

      「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

    • 5

      チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

    • 6

      競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

    • 7

      東京五輪、視聴率苦戦の根本理由

    • 8

      ドラァグクイーンと子供のふれあいイベントが抗議殺…

    • 9

      地球帰還のベゾス氏、空気を読まない発言に怒りが集…

    • 10

      なぜ日本男子は世界で唯一、女性より幸福度が低くなる…

    • 1

      東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

    • 2

      1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

    • 3

      加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

    • 4

      20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世に…

    • 5

      「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

    • 6

      「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

    • 7

      「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

    • 8

      人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

    • 9

      韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

    • 10

      いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】ウトヤ島乱射事件、惨劇の被害者との10年目の再会