古谷経衡

猫系作家の時事評論

社交性信仰が日本をダメにする

2021年04月21日(水)18時10分
    山田真貴子前内閣広報官と安倍前首相

    社交性がアダとなった?山田前内閣広報官(右、写真は2013年11月) Yoshikazu Tsuno/Pool-REUTERS

    <とくに公僕にあっては「飲み会を断らない」ことより、孤高でいられることのほうが大事だ>

    「飲み会を絶対断らない人」こと山田真貴子前内閣広報官が急転直下辞任したのはつい先月の事である。東北新社に端を発した接待問題はNTTにも波及した。「飲み会を絶対断らない」どころか、そもそも「飲み会に誘われない」私は、この問題の本質を旺盛な社交性にあると見る。


    「飲みニケーション」は死語になったのであるが、未だに飲み会を梯子することで人脈を築こうとか、人との関係性を築こうと考えているその魂魄自体が前時代的で封建的発想である。山田前内閣広報官の最大の失敗は、接待を受けたその相手が菅総理の息子だったという事が本質ではなく、彼女の横溢する社交性が完全に裏目に出たことだ。社交性があるからこういうことになるのだ。社交性が無く最初から飲みに誘う・誘われる人間がいなければ、彼女は公務員を辞任する羽目にはならなかったであろう。社交性とは本当に恐ろしいモノであると実感した。

    コロナ禍下で緊急事態宣言が解除された後も、新規感染者の急増により大阪、東京、沖縄など全国各地で所謂「まん防」が発出された。このような事態にあって、週刊誌が著名人や議員らの会食や飲み会をすっぱ抜き、その度に世論から激烈な罵声を浴びせられている。緊急事態宣言も「まん防」による会食自粛要請等も、あくまで要請であって法的強制ではないので、個人の自由意思で何時であっても飲み歩くことは何ら問題とすべきことではないが、この程度のことで週刊誌がセンセーショナルに書き立てるとはよほどネタに困っているか、日米地位協定およびそこから派生する所謂「在日米軍特権」という「巨悪・不平等」に対する国民世論の関心を逸らさせん為のワシントンの狡猾なる工作に違いないのである。

    それはともかく、本当に私には社交性というモノがない。大学(京都市内)では友達が全然できなかった。正確に言うと最初の六か月程度はなんとか友達が出来たが、私自身、学部の授業に出るのが面倒くさくなったので、学校に行かなくなってしまった。そのため畢竟彼らとは疎遠になってしまった。それどころか、大学に入って初めて誘われた合コンの席の自己紹介で、

    「自公保(当時は、自民・公明・保守党)連立政権を皆さんいかが思うか。公明党が清和会の小泉内閣と連立をし続けるのは、"平和と福祉の党"を標榜する同党の党是と反するものである。このまま公明党は自民党に追従していてよいと考えるか」

    などという大演説をぶってしまったため、二度と合コンに呼ばれなくなった。国際連盟を脱退した松岡外交の如く完全に孤立した私は、学部一年生後半で大学中退の意志を固めつつ大阪の映画学校に通う段になったが、結局その学校を中退してしまい、またも大学にUターンする羽目に相成ったのである。

    プロフィール

    プロフィール

    古谷経衡

    (ふるや・つねひら)作家、評論家、愛猫家、ラブホテル評論家。1982年北海道生まれ。立命館大学文学部卒業。2014年よりNPO法人江東映像文化振興事業団理事長。2017年から社)日本ペンクラブ正会員。著書に『日本を蝕む極論の正体』『意識高い系の研究』『左翼も右翼もウソばかり』『女政治家の通信簿』『若者は本当に右傾化しているのか』『日本型リア充の研究』など。長編小説に『愛国商売』など。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:世界が尊敬する日本人100

    本誌 最新号

    特集:世界が尊敬する日本人100

    免疫学者から歌舞伎役者、ユーチューバーまで世界が認めた日本の天才・異才・鬼才100人

    2021年8月10日/2021年8月17日号(8/ 3発売)

    人気ランキング

    • 1

      恐竜絶滅時に起きた高さ1500mの津波 その痕跡がアメリカの地下に眠っていた

    • 2

      大江千里がアメリカで感じた東京五輪の空虚さと違和感

    • 3

      誰にも聞こえない周波数で歌う世界一孤独な「52ヘルツのクジラ」の謎

    • 4

      気候変動の影響で地球の自転軸がずれた──最新研究

    • 5

      中国発の大ヒットSF小説『三体』に秘められた中国的…

    • 6

      太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測…

    • 7

      こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

    • 8

      自宅療養で人々を見殺しにすると決めた菅首相

    • 9

      「反マスク派」ポスターを剥がした女性、仕込まれて…

    • 10

      仮説上の天体『テイア』の遺物が地球深部に存在する…

    • 1

      東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

    • 2

      いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が成功しない訳

    • 3

      恐竜絶滅時に起きた高さ1500mの津波 その痕跡がアメリカの地下に眠っていた

    • 4

      1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だ…

    • 5

      ドラァグクイーンと子供のふれあいイベントが抗議殺…

    • 6

      福山雅治ほどの温厚な人を怒らせた「3つのスイッチ」とは

    • 7

      大江千里がアメリカで感じた東京五輪の空虚さと違和感

    • 8

      パリ五輪ロゴの出会い系アプリ激似説がネットで再燃

    • 9

      なぜ日本男子は世界で唯一、女性より幸福度が低くなる…

    • 10

      女子陸上短距離ジョイナーの「伝説と疑惑の世界記録…

    • 1

      東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

    • 2

      1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

    • 3

      加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

    • 4

      20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世に…

    • 5

      「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

    • 6

      「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

    • 7

      「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

    • 8

      人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

    • 9

      韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

    • 10

      いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】ウトヤ島乱射事件、惨劇の被害者との10年目の再会