Newsweek

グレン・カール

CIAが視る世界

北方領土「2島返還」が動き始めた理由

2018年11月22日(木)16時15分
    北方領土「2島返還」が動き始めた理由

    11月14日、訪問先のシンガポールで会談したプーチン(右)と安倍 Alexei Druzhinin-Kremlin-Sputnik-REUTERS

    <安倍とプーチンの大胆な政治決断の背景には中国の台頭という東アジアの地政学的変化がある>

    プロフィール

    プロフィール

    グレン・カール

    GLENN CARLE 元CIA諜報員。約20年間にわたり世界各地での諜報・工作活動に関わり、後に米国家情報会議情報分析次官として米政府のテロ分析責任者を務めた

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:日本と韓国 悪いのはどちらか

    本誌 最新号

    特集:日本と韓国 悪いのはどちらか

    終わりなき争いを続ける日本と韓国── 泥沼の関係に陥った本当の原因と「出口」を考える

    2019年9月24日号  9/18発売

    人気ランキング

      • 1

        コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があることが発見される

      • 2

        サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

      • 3

        ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

      • 4

        韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボ…

      • 5

        繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

      • 6

        サウジのムハンマド皇太子、韓国に防空システム構築…

      • 7

        【速報】韓国の文在寅大統領、支持率が過去最低を記録

      • 8

        米軍戦闘機が撮ったUFO映像「本物」と米海軍が認める

      • 9

        【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

      • 10

        嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

      • 1

        ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

      • 2

        嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

      • 3

        日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

      • 4

        2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

      • 5

        ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

      • 6

        「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

      • 7

        コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

      • 8

        サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

      • 9

        「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

      • 10

        タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配…

      もっと見る

      Picture Power

      レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

      【写真特集】豪華クルーズ船はますます好調