Newsweek

グレン・カール

CIAが視る世界

「令和」の時代に日本が直面する最大の問題とは何か

2019年04月18日(木)13時30分

    労働力人口の減少と高齢化も不安材料の1つだ。しかし、日本は長年の方針を転換して、外国人技能労働者の受け入れを大幅に拡大することにした。新しい制度の下、向こう5年間で最大34万5000人の外国人労働者が日本にやって来る。これにより、人手不足の緩和が期待されている。経済成長にも好影響が及ぶだろう。

    国際競争の激化や人口の減少により、これからも低成長の時代は続きそうだ。それでも、日本は世界の経済大国であり続けられる可能性が高い。

    宗教

    社会の宗教的一体感の強さが国力の源になるとよく言われる。そのようなケースがあるのは事実だが、宗教は時として社会の発展を阻害する。冒頭で触れた「SPERM」のエピソードのような宗教的タブーは、自由な思考を閉ざし、変化の可能性を狭める。その結果、社会が発展し国力を高める妨げになりかねない。

    日本人が信奉している「宗教」は、自国文化への強い誇りだろう。その信仰は、国民が強い使命感を抱いて前進することを後押しする可能性もあるし、逆に人々に真実を見えなくさせ、破滅への道を歩ませる可能性もある。

    戦時中の日本人の日記や、9.11テロ直後のアメリカ社会の状況から判断すると、宗教的な思い込みが人間の視野を狭めることは否定できない。しかし、これらの経験は、宗教的な信念が国民を動かす強い力を持っていることも浮き彫りにしている。この点で、日本人の「宗教」が日本の国力を強める一要素になり得ることは間違いない。

    軍事

    歴史上、国家は軍事力により国力を誇示してきた。戦後の日本は限定的な事力しか保持してこなかったが、安倍の意向もあって、最近はそれが変わり始めている。また、日本は長年、防衛費をGNP(国民総生産)の1%程度までにとどめているものの、日本の経済規模の大きさを考えれば1%でも相当な金額だ。

    それでも、国防予算の規模は中国の足元にも及ばないし、中国は膨大な人口、広大な国土、それに豊富な資源という軍事的な強みを持っている。それに、戦後75年近くがたっても、日本人はいまだに平和主義的志向が強い。

    つまり、日本は一般的なイメージよりは強大な軍事力を擁しているが、中国の圧倒的な軍事力との差はますます開いていく。そこで、日本にとっては同盟国との関係を強化することが不可欠だ。安倍もそれを目指しているように見える。

    プロフィール

    プロフィール

    グレン・カール

    GLENN CARLE 元CIA諜報員。約20年間にわたり世界各地での諜報・工作活動に関わり、後に米国家情報会議情報分析次官として米政府のテロ分析責任者を務めた

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:進撃のYahoo!

    本誌 最新号

    特集:進撃のYahoo!

    メディアから記事を集めて配信する「巨人」プラットフォーマーとニュースの未来

    2019年12月17日号  12/10発売

    人気ランキング

    • 1

      共産党国家に捧げるジョーク:変装した習近平に1人の老人が言ったこと...

    • 2

      中国で焚書令、文化大革命の再来か

    • 3

      麻酔を忘れて手術された女性、激痛に叫ぶも医者が気づかない!?

    • 4

      習近平を国賓として招聘すべきではない――尖閣諸島問題

    • 5

      キャッシュレス化が進んだ韓国、その狙いは何だった…

    • 6

      熱帯魚ベタの「虐待映像」を公開、動物愛護団体がボ…

    • 7

      サルの細胞を持つブタが中国で誕生し、数日間、生存…

    • 8

      自殺した人の脳に共通する特徴とは

    • 9

      インフルエンザ予防の王道、マスクに実は効果なし?

    • 10

      ウイグル人と民族的に近いトルコはなぜ中国のウイグ…

    • 1

      食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

    • 2

      殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

    • 3

      熱帯魚ベタの「虐待映像」を公開、動物愛護団体がボイコット呼び掛ける

    • 4

      インフルエンザ予防の王道、マスクに実は効果なし?

    • 5

      中国で焚書令、文化大革命の再来か

    • 6

      ウイグル人権法案可決に激怒、「アメリカも先住民を…

    • 7

      次期首相候補、石破支持が安倍首相を抜いて躍進 日…

    • 8

      東京五輪、マラソンスイミングも会場変更して! お…

    • 9

      トランプ、WTOの紛争処理機能を止める 委員たったの…

    • 10

      共産党国家に捧げるジョーク:変装した習近平に1人の…

    • 1

      食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

    • 2

      「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

    • 3

      「日本の空軍力に追いつけない」アメリカとの亀裂で韓国から悲鳴が

    • 4

      元「KARA」のク・ハラ死去でリベンジポルノ疑惑の元…

    • 5

      「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

    • 6

      文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」…

    • 7

      GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

    • 8

      殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

    • 9

      GSOMIA継続しても日韓早くも軋轢 韓国「日本謝罪」発…

    • 10

      日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】殺戮者の子供と生きたルワンダの母親たちの25年