Newsweek

米10月卸売物価0.4%上昇、予想上回る 前年比では約5年半ぶり大幅な伸び

2017年11月15日(水)03時46分

    [ワシントン 14日 ロイター] - 米労働省が14日発表した10月の卸売物価指数(PPI、最終需要向け財・サービス)は前月比0.4%上昇し、市場予想の0.1%上昇を上回った。サービス価格が上がったほか、基調的な卸売物価も安定的に伸びている兆しがみられた。

    9月も0.4%上昇していた。

    10月の前年同月比は2.8%上昇し、2012年2月以来の大幅な伸びとなった。市場予想は2.4%上昇だった。9月は2.6%上昇していた。

    今回の結果で基調的な卸売物価が安定的に上昇していることが示され、連邦準備理事会(FRB)が12月に利上げを決定するとの路線は軌道から外れないとみられる。

    MUFG(ニューヨーク)の首席エコノミスト、クリス・ラプキー氏は、「インフレが低過ぎるとの報告は米経済のいかなる部門にも当てはまらない」とし、「物価上昇の浸透が継続すれば、製造業者は近い将来に消費財の価格を引き上げざるを得なくなる」と指摘。

    ウエルズ・ファーゴ証券のシニアエコノミスト、サム・ブラード氏は、「卸売物価指数はインフレを推し量る上での主要な指標ではないものの、同指数が過去2年間にわたり緩やかに回復していることは、インフレ見通しは緩やかに上向いているとの確信を示しているFRB当局者にとり歓迎すべきこととなる」と述べた。

    前月比の内訳は、サービスが0.5%上昇。サービスの上昇分の5割近くは燃油・潤滑油の小売りが24.9%上昇したことによるものだった。4.6%下落したガソリン価格の落ち込みを相殺した。ガソリン価格は9月に10.9%急騰していた。8月下旬にハリケーン「ハービー」がテキサス州を直撃し、メキシコ湾岸部の精製能力に影響したためだ。

    その後、原油の供給量が豊富な中でガソリン価格は下落傾向にあるが、10月のPPIが上昇した理由にモノの価格が上がっていることも挙げられる。

    食品とエネルギー、貿易サービスを除いたコア物価は0.2%上昇。3カ月連続で0.2%上昇している。10月の前年同月比は2.3%上昇。9月は2.1%上昇していた。

    ドルが下落していることでコアPPIは徐々に上昇幅を伸ばす可能性がある。ドルは今年、米国の主要な貿易相手国の通貨に対して5.4%下落している。

    労働市場が最大雇用状態に近づく中でも物価の低迷は長引いている。米連邦準備理事会(FRB)が物価の目安として注目するコア個人消費支出(PCE)物価指数はFRBの目標である2%を12年の半ばごろから下回り続けている。物価の伸びが緩慢な中でも、FRBは12月に利上げするとみられている。労働市場が引き締まる中で来年は賃金の伸びが加速すると、慎重ながらも前向きな見方が出ているからだ。

    10月は食品が0.5%上昇。9月は横ばいだった。モノのコア指数は0.3%上昇。9月も同様の伸びだった。自動車は横ばい。10月は2018年モデルの自動車が統計に組み込まれた。

    ヘルスケアは0.3%上昇。9月は横ばいだった。医療費はFRBが物価の目安として注目しているコアPCE物価指数の算出に組み込まれる。

    *内容を追加して再送します。

    (※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

    ロイター
    Copyright (C) 2013 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:韓国人の本音 ピョンチャン五輪と南北融和

    本誌 最新号

    特集:韓国人の本音 ピョンチャン五輪と南北融和

    平昌五輪での北朝鮮の融和外交が世界を驚かせたが、当の韓国人は南北和解と統一をどう考えている?

    2018年2月27日号  2/20発売

    人気ランキング

    • 1

      北朝鮮「スリーパーセル」論争に隠された虚しい現実

    • 2

      「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

    • 3

      銃乱射の被害者を訪問したトランプ、ご機嫌で大顰蹙。この男に心はあるのか?

    • 4

      「世界の終わりだ」 KFCのチキンが消えてパニックに…

    • 5

      「コーヒー摂取の健康リスク」に関する注意喚起がカ…

    • 6

      「ヒュッゲ」ブームの火付け役が日本人に伝えたい幸…

    • 7

      「愛してると伝えて」米フロリダの銃乱射の教室で何…

    • 8

      欧米でブームの「ヒュッゲ」で日本人も幸せになれる?

    • 9

      岐阜県の盗撮疑惑事件で垣間見えた、外国人技能実習…

    • 10

      ウイグル「絶望」収容所──中国共産党のウイグル人大…

    • 1

      「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

    • 2

      北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北者」

    • 3

      「愛してると伝えて」米フロリダの銃乱射の教室で何が起こったのか

    • 4

      マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

    • 5

      50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

    • 6

      「死のない肉」クォーンが急成長 人工肉市場がアツい

    • 7

      岐阜県の盗撮疑惑事件で垣間見えた、外国人技能実習…

    • 8

      広がる「工作員妄想」~三浦瑠麗氏発言の背景~

    • 9

      金正恩のお菓子セットが「不味すぎて」発展する北朝…

    • 10

      被害者遺族を「カラオケに行こう」と誘う加害者の父

    • 1

      265年に1度? 31日夜、「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」が空を彩る

    • 2

      マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

    • 3

      「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

    • 4

      「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

    • 5

      北朝鮮と戦う米軍兵士は地獄を見る

    • 6

      「逆にいやらしい」忖度しすぎなインドネシアの放送…

    • 7

      ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

    • 8

      北朝鮮を戦争に駆り立てるトランプに怯え始めたロシア

    • 9

      北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北…

    • 10

      被害者遺族を「カラオケに行こう」と誘う加害者の父

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい