Newsweek

スレート誌人生相談員

人生相談からアメリカが見える

「イクメンなのに......」失意のパパと、愛され過ぎるママの私

2020年06月18日(木)11時10分
    「イクメンなのに......」失意のパパと、愛され過ぎるママの私

    PHOTO ILLUSTRATION BY SLATE. PHOTO BY GETTY IMAGES PLUS

    <夫は忍耐強くて遊び上手な素晴らしいパパ。娘ともうまくやっているのですが、ママがいるとそっちのけに......。小説家ミシェル・ハーマンのアドバイスは?>

    Q:5歳の娘が大のママっ子で困っています。育児は主にママの私の担当ですが、私の仕事中は夫が娘の相手をします。彼は忍耐強くて遊び上手。娘思いの素晴らしいパパで、娘とうまくやっています。なのに娘は私が大好き。しょっちゅう私にキスし、擦り寄ってきては「大好き」と甘え、ママのお仕事中は寂しいと手紙をくれて......。夫の出張中も寂しがるけれど、比べものになりません。

    思春期になればママ離れすると慰めても、夫は信じません。娘が夫とも私とも同じくらい一緒に過ごし、夫とゲームをしたり2人にしか分からないジョークを言ったりもしていますが、ママがいるとパパはそっちのけ。どうしたらいいでしょう。5歳の子供の言うことを気にし過ぎ? それとも何か解決策があるでしょうか。

    ── 愛され過ぎのママ

    プロフィール

    プロフィール

    スレート誌人生相談員

    育児や家庭生活から人間関係、セックスまで、誰にも言えないあらゆる悩みに米作家やライターが答えます。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:人生を変えた55冊

    本誌 最新号

    特集:人生を変えた55冊

    コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

    2020年8月11日号  8/ 4発売

    人気ランキング

    • 1

      コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

    • 2

      奇妙な北朝鮮「戦勝記念日」写真 金正恩の名を刻み込んだ自動拳銃「白頭山」

    • 3

      米国の新型コロナ感染、異常に拡大し新段階に=トランプ政権コロナ対策顧問

    • 4

      トランプのツイッターで急浮上 米大統領選「悪夢の…

    • 5

      全米各地のコロナウイルス検査に滞り 「高度な自動化…

    • 6

      『沖縄から貧困がなくならない本当の理由』は何の本…

    • 7

      【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

    • 8

      アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

    • 9

      欧州各国で感染が急増するなか、「集団免疫戦略」の…

    • 10

      韓国・植物園の「客寄せ」だった土下座像が象徴する…

    • 1

      コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

    • 2

      中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

    • 3

      韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット 一方で「TPOをわきまえろ」と論争に

    • 4

      アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

    • 5

      【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

    • 6

      次期WTO事務局長選、韓国は日本に支持を呼びかけた..…

    • 7

      新型コロナウイルス、患者の耳から見つかる

    • 8

      「韓国の対応は極めて遺憾、このような状況では政策対…

    • 9

      抗議デモに参加した17歳息子の足元に新品の靴 略奪…

    • 10

      三峡ダムより九州の水害を報じる、中国報道は「ポジ…

    • 1

      中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

    • 2

      「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

    • 3

      中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

    • 4

      科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

    • 5

      コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティ…

    • 6

      中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

    • 7

      韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

    • 8

      宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

    • 9

      アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

    • 10

      戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】幸せを探してスクールバスのわが家は走る