肥田 美佐子

NY発米国インサイト

超格差を生む「ギグ・エコノミー」残酷物語――FB共同創業者が救済策を提案

2018年03月23日(金)14時10分

    自分のような富裕層の所得を低所得層に分配すべきと主張するフェイスブック共同創業者、クリス・ヒューズ(2010年) Adam Hunger-REUTERS

    <アメリカ人の半数は400ドルの臨時支出も賄えない崖っぷちで暮らしている。ならば「低所得世帯に月額500ドルの給付金を与えよう」と、フェイスブック共同創業者で「トップ1%」のクリス・ヒューズは言う>

    プロフィール

    プロフィール

    肥田 美佐子

    (ひだ みさこ)ニューヨーク在住ジャーナリスト。東京都出身。大学卒業後、『ニューズウィーク日本版』編集などを経て、単身渡米。米メディア系企業などに勤務後、2006年独立。米経済・雇用問題や米大統領選などを取材。ジョセフ・スティグリッツ、アルビン・ロスなどのノーベル賞受賞経済学者、「破壊的イノベーション」論のクレイトン・クリステンセン、ベストセラー作家のマルコム・グラッドウェルやマイケル・ルイス、ビリオネアAI起業家のトーマス・M・シーベル、ジム・オニール元ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント会長など、米(欧)識者への取材多数。元『ウォール・ストリート・ジャーナル日本版』コラムニスト。『週刊東洋経済』『経済界』に連載中。『フォーブスジャパン』などにも寄稿。(mailto:info@misakohida.com

    本誌紹介

    特集:世界があきれる東京五輪

    本誌 最新号

    特集:世界があきれる東京五輪

    国民の不安の声や専門家の疑念は無視して
    「安心・安全」を繰り返す日本を世界はこう見ている

    2021年6月15日号  6/ 8発売

    人気ランキング

    • 1

      4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

    • 2

      ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔していること

    • 3

      将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい」5つのスキル

    • 4

      EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

    • 5

      歴史に置き去られた世界の廃墟たち...不気味で美しき…

    • 6

      誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

    • 7

      イギリスがデルタ株の感染再燃で正常化先送りなのに…

    • 8

      デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

    • 9

      「宿題なし・定期テストなし」でも生徒が勝手に勉強す…

    • 10

      ワクチン副反応、実は若い男性で心筋炎が多発 ファ…

    • 1

      4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

    • 2

      国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

    • 3

      デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウンゴールで五輪に失敗した」

    • 4

      EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

    • 5

      ビットコインを暴落させたマスクにアノニマスが「宣…

    • 6

      山口香JOC理事「今回の五輪は危険でアンフェア(不公…

    • 7

      武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

    • 8

      将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

    • 9

      ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

    • 10

      水深6000メートル超の超深海帯で死肉をたいらげる新…

    • 1

      4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

    • 2

      脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

    • 3

      脱・脱日本依存? 韓国自治体が日本の半導体材料メーカー誘致に舵を切っている

    • 4

      国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレ…

    • 5

      デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

    • 6

      ホテルで24時間監視、食事はカップ麺の「おもてなし」…

    • 7

      東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

    • 8

      閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

    • 9

      武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

    • 10

      捕獲のプロが巨大ニシキヘビに遭遇した意外な現場...…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】ゲイの夫夫が手にした父権の肖像