Newsweek

保坂修司

イスラーム世界の現在形

日本で「ツタンカーメンのエンドウ」が広まった理由、調べました

2019年05月22日(水)19時20分
    日本で「ツタンカーメンのエンドウ」が広まった理由、調べました

    ツタンカーメンのエンドウのサヤ(筆者提供)

    <1922年にツタンカーメンの墓から発掘されたエンドウ(豆)の種子が発芽し、日本で今、そのエンドウが広く栽培されている――という話がある。これは果たして本当なのか。日本のメディアも罪深い>

    去年10月に庭に植えたエンドウ(豆)が成長し、3月末からときおり収穫しては家で豆料理を作って楽しんでいた。今回はその顛末。

    プロフィール

    プロフィール

    保坂修司

    日本エネルギー経済研究所研究理事。
    慶應義塾大学大学院修士課程修了(東洋史専攻)。在クウェート日本大使館・在サウジアラビア日本大使館専門調査員、中東調査会研究員、近畿大学教授等を経て、現職。早稲田大学客員教授を兼任。専門はペルシア湾岸地域近現代史、中東メディア論。主な著書に『乞食とイスラーム』(筑摩書房)、『新版 オサマ・ビンラディンの生涯と聖戦』(朝日新聞出版)、『イラク戦争と変貌する中東世界』『サイバー・イスラーム――越境する公共圏』(いずれも山川出版社)、『サウジアラビア――変わりゆく石油王国』『ジハード主義――アルカイダからイスラーム国へ』(いずれも岩波書店)など。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:米ジョージタウン大学 世界のエリートが学ぶ至高のリーダー論

    本誌 最新号

    特集:米ジョージタウン大学 世界のエリートが学ぶ至高のリーダー論

    「全米最高の教授」サム・ポトリッキオが説く勝ち残るリーダーになるための処方箋

    2019年6月18日号  6/11発売

    人気ランキング

    • 1

      未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

    • 2

      厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

    • 3

      自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

    • 4

      「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

    • 5

      ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

    • 6

      アメリカは「いざとなれば瞬時にイランを破壊できる」

    • 7

      ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府…

    • 8

      北朝鮮の若者が美貌の「文在寅の政敵」に夢中になっ…

    • 9

      タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

    • 10

      【南シナ海】中国船による「当て逃げ」にフィリピン…

    • 1

      タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14歳少女に起こった一大事

    • 2

      ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府に包囲網解除を要求か

    • 3

      サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

    • 4

      香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

    • 5

      厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

    • 6

      未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

    • 7

      自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きても…

    • 8

      「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

    • 9

      日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

    • 10

      貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

    • 1

      サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

    • 2

      台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

    • 3

      マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

    • 4

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 5

      プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

    • 6

      タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

    • 7

      貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

    • 8

      トランプ、エリザベス女王にまたマナー違反!

    • 9

      脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

    • 10

      アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】「差別なき」南アフリカの差別的な現実