Newsweek

保坂修司

イスラーム世界の現在形

日本で「ツタンカーメンのエンドウ」が広まった理由、調べました

2019年05月22日(水)19時20分

    NHKラジオではお茶を濁した、その後、1838年に遡る情報を見つけた

    インタビューまで数日あったので、とりあえず、手元にある資料を調べてみた。ツタンカーメンの墓を発掘したハワード・カーター自身の発掘記はもちろん、関係する書物をいくつかあたってみたが、カーターがツタンカーメンの墓からエンドウを見つけて、それが発芽したという「学術的な」記述にはついぞお目にかかれなかった。

    結局、ツタンカーメンの墓から発見されたエンドウに関して、科学的な根拠のある資料は見つからなかった。もちろん、関連資料を全部漁ったわけではないし、筆者自身、エジプトに住んでいたといっても、古代エジプトの専門家ではない。しかし、かなりの確率でツタンカーメンのエンドウなるものはインチキ、つまりツタンカーメンの墓から発見されたものではない、と断言できる。

    そもそも3000年も昔の種子が発芽するというのも科学的にはほとんどありえないらしい(日本では2000年前の種子から古代ハスが発芽したことが知られているが、これにもいろいろ疑問がある由)。NHKのラジオでは結局、ディレクターとも相談して、多くの日本の古代エジプト・ファンを悲しませないよう、ツタンカーメンのエンドウはでっち上げだとかいわず、エジプトではほとんど知られていませんというあたりでお茶を濁すことにした。

    ただ、この話、その後もずっと気になっていて、機会をみつけては、調べをつづけてきた。そして、Amazonで購入した(!)ツタンカーメンのエンドウの種が実をつけてくれたのを機会に、原稿にまとめてみようと思いついたしだいである。

    その間、いくつか追加情報も見つかった。まず、エジプトではツタンカーメン以前からエンドウが栽培されていたらしい。食べ物としてのみならず、薬品としても用いられていたようだ。だから、ツタンカーメンの墓にエンドウがあってもふしぎではない。実際、ヒヨコマメ等とともにエンドウがあったと述べている本もある由。

    また、もっと興味深い話もあった。1838年、英国エジプト学の父と呼ばれるジョン・ウィルキンソンがエジプト旅行中にミイラの穴で封印された壷を発見、それを大英博物館に寄贈した。ところが、有名なミイラ研究家で、外科医でもあるトーマス・ペティグルーがそれを開けようとして誤って壊してしまったのだ。そして、そのなかにシワシワの黄色いエンドウがいくつか見つかったというのである。

    ペティグルーはそのうちの何粒かを蒔いて発芽させようとしたが、結果は失敗。だが、何年後かに彼は残った粒を、ハーブ園の経営者であるウィリアム・グリムストーンなる人物に譲ったところ、そのグリムストーンは、発芽に成功し、「グリムストーンのエジプト・エンドウ」として売り出したという話である。

    プロフィール

    プロフィール

    保坂修司

    日本エネルギー経済研究所研究理事。
    慶應義塾大学大学院修士課程修了(東洋史専攻)。在クウェート日本大使館・在サウジアラビア日本大使館専門調査員、中東調査会研究員、近畿大学教授等を経て、現職。早稲田大学客員教授を兼任。専門はペルシア湾岸地域近現代史、中東メディア論。主な著書に『乞食とイスラーム』(筑摩書房)、『新版 オサマ・ビンラディンの生涯と聖戦』(朝日新聞出版)、『イラク戦争と変貌する中東世界』『サイバー・イスラーム――越境する公共圏』(いずれも山川出版社)、『サウジアラビア――変わりゆく石油王国』『ジハード主義――アルカイダからイスラーム国へ』(いずれも岩波書店)など。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:AI vs. 癌

    本誌 最新号

    特集:AI vs. 癌

    ゲノム解析と人工知能で最適な治療薬を発見する究極の癌治療が人類を「最後の敵」から救う日

    2019年10月22日号  10/16発売

    人気ランキング

    • 1

      韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

    • 2

      中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵......で起きていたこと

    • 3

      ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

    • 4

      ラグビーW杯で考えさせられる、日本の「おもてなし力」

    • 5

      日本と韓国の危険なゲームが世界経済を殺す

    • 6

      韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が…

    • 7

      韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からス…

    • 8

      トルコの侵攻を黙認する見返りに、米国、ロシア、シ…

    • 9

      消費税ポイント還元の公式アプリが「使えない」理由

    • 10

      イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

    • 1

      韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

    • 2

      全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描いた被害者の肖像

    • 3

      イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

    • 4

      ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

    • 5

      韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からス…

    • 6

      中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵...…

    • 7

      日本に巣食う「嫌韓」の正体

    • 8

      日本が「生産性が低すぎる国」になった五輪イヤー 衰…

    • 9

      「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

    • 10

      ラグビー日本代表「多様性ジャパン」は分断と対立を…

    • 1

      韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が徐々に明らかに

    • 2

      写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

    • 3

      イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

    • 4

      「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

    • 5

      韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわか…

    • 6

      繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

    • 7

      「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

    • 8

      米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

    • 9

      コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

    • 10

      サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】豪華クルーズ船はますます好調