Newsweek

細谷雄一

国際政治の読み解き方

保守党敗北 よりいっそう不透明化するイギリス政治

2017年06月12日(月)17時28分
    保守党敗北 よりいっそう不透明化するイギリス政治

    メイ首相は自らの力で党内を説得する努力を放棄して賭けに出たが Toby Melville-REUTERS

    <サッチャーやブレアと異なり、党内説得から逃げたメイ首相の危険な賭けだったが、英保守党は6月8日の総選挙で見事に失敗した。これから、EU離脱交渉に影響するだけでなく、北アイルランド和平問題などが再浮上する可能性もある>

    プロフィール

    プロフィール

    細谷雄一

    慶應義塾大学法学部教授。
    1971年生まれ。博士(法学)。専門は国際政治学、イギリス外交史、現代日本外交。世界平和研究所上席研究員、東京財団上席研究員を兼任。安倍晋三政権において、「安全保障と防衛力に関する懇談会」委員、および「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」委員。国家安全保障局顧問。主著に、『戦後国際秩序とイギリス外交』(創文社、サントリー学芸賞)、『外交による平和』(有斐閣、櫻田会政治研究奨励賞)、『倫理的な戦争』(慶應義塾大学出版会、読売・吉野作造賞)、『国際秩序』(中公新書)、『歴史認識とは何か』(新潮選書)など。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:ニュースを読み解く 哲学超入門

    本誌 最新号

    特集:ニュースを読み解く 哲学超入門

    トランプ現象、移民、監視社会、SNS...... AIも解答不能な難問にあの思想家ならこう答える

    2019年5月28日号  5/21発売

    人気ランキング

    • 1

      元TBSアナ久保田智子:不良だった私が東大に入るまで

    • 2

      「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

    • 3

      アメリカがイランを攻撃できない理由──「イラク侵攻」以上の危険性とは

    • 4

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 5

      「イランは終わりだ!」バグダッドの米大使館付近へ…

    • 6

      「幸せな結婚生活」の科学 研究者夫妻が導き出した…

    • 7

      【特別寄稿】TBSアナ久保田智子「私の広島、私達のヒ…

    • 8

      ファーウェイたたきはトランプの大博打

    • 9

      学力格差より深刻な、低所得層の子どもの「自尊心格…

    • 10

      29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

    • 1

      徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

    • 2

      29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の容疑者が再犯 少年法見直しの議論は海外にも 

    • 3

      「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

    • 4

      トランプの言うことは正しい

    • 5

      アメリカがイランを攻撃できない理由──「イラク侵攻…

    • 6

      「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

    • 7

      10%の食塩水1kg作るのに必要な塩と水は? 大学生が「%…

    • 8

      ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

    • 9

      「古代マヤの宇宙飛行士」説、アメリカで再浮上?

    • 10

      強気の米中、双方に死角あり「アメリカはまずい手を…

    • 1

      徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

    • 2

      「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

    • 3

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

    • 4

      59歳の人気ランジェリーモデルは5年前まで普通のお母…

    • 5

      29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

    • 6

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 7

      おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

    • 8

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 9

      「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

    • 10

      金正恩の「最愛の妹」身辺に異変か......「米朝決裂…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】「男は青、女は赤」を考える