Newsweek

石戸 諭

本好きに捧げる ホメない書評

玉石混交本の「石」は何と......編者

2020年12月22日(火)16時36分
    玉石混交本の「石」は何と......編者

    HISAKO KAWASAKIーNEWSWEEK JAPAN

    <コロナ禍で明らかになったのは、人はいかに自分が好む情報をもとに、自分の願望を語るかということ。玉石混交の本書でこの問題を明らかにしたのは編者......かもしれない>

    今回のダメ本

    02ishidobook201222.jpgポストコロナ期を生きるきみたちへ
    内田樹[編]
    晶文社
    (2020年11月)

    ここに集められた原稿は文字どおりの意味で玉石混交である。「玉」と呼べる論考は決して少なくない。一例を挙げよう。執筆陣の中に優れたドキュメンタリー映画で知られる想田和弘の名前がある。私はドキュメンタリストとしての想田はとても好きだ。毎日新聞岡山支局時代には、彼が舞台としていた精神科病院にも取材に行き、紙面でインタビューを掲載したこともある。

    一方で、ツイッターなどで発信される想田のオピニオンはあまり好きではない。それは特に私の記事を批判しているから、政治的スタンスが違うからといった狭い理由ではなく、作品以上に鋭く社会をえぐっているとは思えない、というのが大きい。

    本書で想田の名前を見つけたときに嫌な予感がしたが、これは全くの杞憂に終わった。彼は経済=お金の問題と考えるのは正しくないと指摘する。

    「お金が動くということは、たいてい、それに伴って何らかの社会的な活動や交換がなされることを意味します。つまりお金が動かないということは、ひるがえって社会的な活動や交換の停滞を意味します」

    ここで彼が鋭く指摘するように、私たちが直面しているのは実はお金という意味での経済ではなく、社会的な活動、言い換えるならば文化の停滞という危機にも直面している。GDPという1つの指標に表れる停滞は、社会活動の停滞である。この視点は、いまだに多くの議論から抜け落ちている。

    本書の最大の皮肉は、玉石の「石」が編者である内田樹の一文にあることだ。内田はポストコロナ時代に、どのような雇用がなくなるかを考察している。ここであおられるのは、大胆な発想に基づくマスコミ不信だ。

    プロフィール

    プロフィール

    石戸 諭

    (いしど・さとる)
    記者/ノンフィクションライター。1984年生まれ、東京都出身。立命館大学卒業後、毎日新聞などを経て2018 年に独立。著書『リスクと生きる、死者と生きる』(亜紀書房)が読売新聞「2017年の3冊」に選出される。2019年より東京大学非常勤講師。本誌の特集「百田尚樹現象」で、2020年の「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞作品賞」を受賞。新著に『ルポ 百田尚樹現象――愛国ポピュリズムの現在地』(小学館、2020年6月)。

    本誌紹介

    特集:人民元研究

    本誌 最新号

    特集:人民元研究

    一足先にデジタル化する「RMB」の実力 中国の通貨は本当に米ドルを駆逐するのか

    2021年3月 9日号  3/ 2発売

    人気ランキング

    • 1

      リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

    • 2

      無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラックホール 星図が作成される

    • 3

      ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こした本当の理由

    • 4

      赤ちゃんの手足が真っ青に──コロナ関連小児多臓器症…

    • 5

      なぜドラえもんの原っぱには「土管」がある? 東京の「…

    • 6

      こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

    • 7

      新型コロナ関連の小児病MIS-Cで10歳の少年が両手と両…

    • 8

      バブルは弾けた

    • 9

      バイデン政権のシリア爆撃が、ロシア、シリア政府、…

    • 10

      「STOP 112」タイで唱えられる反政府メッセージの意味

    • 1

      屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

    • 2

      バブルは弾けた

    • 3

      中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

    • 4

      がら空きのコロナ予防接種センター、貴重なワクチン…

    • 5

      トランプにうんざりの共和党員が大量離党 右傾化に…

    • 6

      弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった…

    • 7

      あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

    • 8

      ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こ…

    • 9

      リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

    • 10

      アメリカの顔をした中国企業 Zoomとクラブハウスの…

    • 1

      フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

    • 2

      ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

    • 3

      屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

    • 4

      新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

    • 5

      韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

    • 6

      バブルは弾けた

    • 7

      中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

    • 8

      全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

    • 9

      現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

    • 10

      こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】コロナ禍でドライブインシアター人気が再び