Newsweek

コリン・ジョイス

Edge of Europe

思惑入り乱れる「即決」イギリス総選挙

2017年04月21日(金)10時40分
    思惑入り乱れる「即決」イギリス総選挙

    メイ首相はEU離脱に向けて政治基盤の安定化を図りたいようだが Stefan Wermuth-REUTERS

    <6月の総選挙で、保守党は期待したほど議席数を伸ばせないだろう。労働党はボロ負けして、それでもコービンが党首にとどまれば、主流派の議員が分裂して新党を結成するかもしれない>

    僕がイギリスに帰国した翌年の2011年、総選挙を5年ごとに行うとの法律が定められた。この法律は、与党が5年「以内」の自党に最も有利な時期に総選挙を行う、という既存のシステムに取って代わることになった。

    大体同じころ、僕は「omnicompetent(全権を有する)」という新語を知った。僕の記憶が正しいなら、あるウェブサイトでは、「議会は全権を有しており(omniconpetent)、自身が作ったルールを自ら覆すことができる」というふうに解説していた。

    だから、今回「即決」されたイギリス総選挙は、法で定められているものなら何であれ絶対に確かだなどと信じ込むべきではないことを示したよい例だろう。何しろ2011年のこの法律がこれまで唯一効力を発揮したのは、2015年の総選挙の日程を決めるときだけだったのだから。

    今回の総選挙前倒しの理由は十分過ぎるくらい明らかだ。まず、保守党は世論調査でこんなにも見事なリードを保っているから、今すぐ選挙をして成果を得たいとの欲求にあらがえないこと。ここまでの優勢は当然ながら、ずっと続くはずがない。

    2つ目には、テリーザ・メイは総選挙を経て選ばれた首相ではなく、そのことが彼女への批判につながっていたことだ(実際、彼女は保守党内の党首選すら正式に勝利したとはいえない。対立候補が脱落したから争うことなく党首になった)。総選挙で勝利を収めれば、彼女に正当性が与えられるだろう。

    そして3つ目に、メイには総選挙を行うもっともらしい口実がある。メイが進めるブレグジット(イギリスのEU離脱)の交渉プランへの後押しを得て、交渉手続きを前に進めるためだ。

    【参考記事】メイ英首相が衝撃の早期解散を決断した理由──EU離脱の政局化は許さない

    労働党はボロ負けで分裂?

    これは「即決」の総選挙だから、僕も「即席」予想をしてみよう。

    保守党は過半数を上回り議席をさらに拡大させるだろうが、彼らが期待するほどの伸びではないだろう。有権者は今のところ保守党をいちばん分別ある選択肢と見ているが、一方で保守党は傲慢と見られているし、あまり広く好かれてもいない。にもかかわらず、彼らは議席数増を有権者からの信任だとみなしてお墨付きを得たと豪語するだろう。

    プロフィール

    プロフィール

    コリン・ジョイス

    フリージャーナリスト。1970年、イギリス生まれ。92年に来日し、神戸と東京で暮らす。ニューズウィーク日本版記者、英デイリー・テレグラフ紙東京支局長を経て、フリーに。日本、ニューヨークでの滞在を経て2010年、16年ぶりに故郷イングランドに帰国。フリーランスのジャーナリストとしてイングランドのエセックスを拠点に活動する。ビールとサッカーをこよなく愛す。著書に『新「ニッポン社会」入門――英国人、日本で再び発見する』(三賢社)、『「ニッポン社会」入門』(NHK生活人新書)、『「イギリス社会」入門』(NHK出版新書)など。
    アドレスはjhbqd702@yahoo.co.jp >さらに読む

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:韓国人の本音 ピョンチャン五輪と南北融和

    本誌 最新号

    特集:韓国人の本音 ピョンチャン五輪と南北融和

    平昌五輪での北朝鮮の融和外交が世界を驚かせたが、当の韓国人は南北和解と統一をどう考えている?

    2018年2月27日号  2/20発売

    人気ランキング

    • 1

      【動画】北朝鮮スケート選手の妨害に、日本人選手「故意ではない」

    • 2

      ベネズエラ版ビットコイン「ペトロ」は新手の仮想通貨詐欺

    • 3

      思わず二度見してしまう、米スピードスケート代表ユニフォームの秘密

    • 4

      「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

    • 5

      韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

    • 6

      仮想通貨バブルの崩壊で、腐ったリンゴを取り除け

    • 7

      50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

    • 8

      春節の中国 ハンドバッグとX線検査機の中へ入る女…

    • 9

      サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

    • 10

      北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北…

    • 1

      【動画】北朝鮮スケート選手の妨害に、日本人選手「故意ではない」

    • 2

      「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

    • 3

      「愛してると伝えて」米フロリダの銃乱射の教室で何が起こったのか

    • 4

      北朝鮮「スリーパーセル」論争に隠された虚しい現実

    • 5

      ベネズエラ版ビットコイン「ペトロ」は新手の仮想通…

    • 6

      食べつくされる「自撮りザル」、肉に飢えた地元民の…

    • 7

      50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

    • 8

      韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

    • 9

      思わず二度見してしまう、米スピードスケート代表ユ…

    • 10

      金正恩のお菓子セットが「不味すぎて」発展する北朝…

    • 1

      265年に1度? 31日夜、「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」が空を彩る

    • 2

      【動画】北朝鮮スケート選手の妨害に、日本人選手「故意ではない」

    • 3

      マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

    • 4

      「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

    • 5

      「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

    • 6

      北朝鮮と戦う米軍兵士は地獄を見る

    • 7

      「逆にいやらしい」忖度しすぎなインドネシアの放送…

    • 8

      北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北…

    • 9

      50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

    • 10

      北朝鮮を戦争に駆り立てるトランプに怯え始めたロシア

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい