Newsweek

コリン・ジョイス

Edge of Europe

ロンドンのインフラ老朽化がもたらした思わぬ発見

2019年04月24日(水)17時40分
    ロンドンのインフラ老朽化がもたらした思わぬ発見

    ロンドンのハマースミス橋は欠陥が見つかり車両通行止めに。解除のめどは立っておらずいつもは大混雑の橋が閑散としている(筆者撮影)

    <多くがビクトリア朝時代に作られたロンドンの橋や建築、地下鉄などが、老朽化に加えて緊縮財政のあおりを受けて、次々とほころびを見せている>

    僕は毎年、数週間をロンドンで過ごしていて、必ず訪れている場所がいくつかある。1つがハマースミス橋だ。近くにあるファーニバル公園で座って、テムズ川とこの橋を眺めるのがお気に入りだ。

    プロフィール

    プロフィール

    コリン・ジョイス

    フリージャーナリスト。1970年、イギリス生まれ。92年に来日し、神戸と東京で暮らす。ニューズウィーク日本版記者、英デイリー・テレグラフ紙東京支局長を経て、フリーに。日本、ニューヨークでの滞在を経て2010年、16年ぶりに故郷イングランドに帰国。フリーランスのジャーナリストとしてイングランドのエセックスを拠点に活動する。ビールとサッカーをこよなく愛す。著書に『「ニッポン社会」入門――英国人記者の抱腹レポート』(NHK生活人新書)、『新「ニッポン社会」入門--英国人、日本で再び発見する』(三賢社)、『マインド・ザ・ギャップ! 日本とイギリスの〈すきま〉』(NHK出版新書)、『なぜオックスフォードが世界一の大学なのか』(三賢社)など。アドレスはjhbqd702@yahoo.co.jp

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:弾圧中国の限界

    本誌 最新号

    特集:弾圧中国の限界

    ウイグルから香港、そして台湾へ──強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴

    2019年6月25日号  6/18発売

    人気ランキング

    • 1

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

    • 2

      走る車の中から子猫を投げ捨て!相次ぐ蛮行に怒りの捜査開始

    • 3

      ウェスト81センチの巨漢ネコ、パーフェクトボディ目指し監視下に置かれる

    • 4

      脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

    • 5

      「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

    • 6

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    • 7

      ホロコーストをめぐる歴史問題が欧州サッカーに飛び火

    • 8

      フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

    • 9

      テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を5…

    • 10

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 1

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

    • 2

      未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

    • 3

      自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

    • 4

      嫌韓で強まる対韓強硬論 なぜ文在寅は対日外交を誤…

    • 5

      厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

    • 6

      走る車の中から子猫を投げ捨て!相次ぐ蛮行に怒りの…

    • 7

      アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

    • 8

      石油タンカーが攻撃されても、トランプが反撃しない…

    • 9

      脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

    • 10

      タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

    • 1

      サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

    • 2

      台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

    • 3

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

    • 4

      マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

    • 5

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 6

      プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

    • 7

      タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

    • 8

      脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

    • 9

      アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

    • 10

      貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】「差別なき」南アフリカの差別的な現実