Newsweek

コリン・ジョイス

Edge of Europe

チェリー吉武が「世界が尊敬する日本人」にふさわしい理由、教えます

2019年04月27日(土)17時15分
    チェリー吉武が「世界が尊敬する日本人」にふさわしい理由、教えます

    本誌「世界が尊敬する日本人100人」特集 31ページより Newsweek Japan

    <発売中の本誌特集「世界が尊敬する日本人100人」の中でも特に各種メディアや読者からの注目と好奇の視線を集めたのが、お笑い芸人のチェリー吉武。なぜ彼を選んだのか、推薦者のイギリス人記者が明かす>

    プロフィール

    プロフィール

    コリン・ジョイス

    フリージャーナリスト。1970年、イギリス生まれ。92年に来日し、神戸と東京で暮らす。ニューズウィーク日本版記者、英デイリー・テレグラフ紙東京支局長を経て、フリーに。日本、ニューヨークでの滞在を経て2010年、16年ぶりに故郷イングランドに帰国。フリーランスのジャーナリストとしてイングランドのエセックスを拠点に活動する。ビールとサッカーをこよなく愛す。著書に『「ニッポン社会」入門――英国人記者の抱腹レポート』(NHK生活人新書)、『新「ニッポン社会」入門--英国人、日本で再び発見する』(三賢社)など。最新作は『マインド・ザ・ギャップ! 日本とイギリスの〈すきま〉』(NHK出版新書)、『なぜオックスフォードが世界一の大学なのか』(三賢社)。
    アドレスはjhbqd702@yahoo.co.jp >さらに読む

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:ファーウェイの正体

    本誌 最新号

    特集:ファーウェイの正体

    中国軍出身者が作り上げた最強の5G通信企業ファーウェイが世界の情報網を支配する日

    2019年5月21日号  5/14発売

    人気ランキング

    • 1

      29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の容疑者が再犯 少年法見直しの議論は海外にも 

    • 2

      「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

    • 3

      収入が減る一方で家賃は上がる──日本が過去20年で失った生活のゆとり

    • 4

      米中交渉決裂、追い込まれた習近平

    • 5

      トランプ勝利を予測した教授が説く「大統領弾劾」シ…

    • 6

      イランも臨戦態勢に──戦争を避ける最後のチャンス

    • 7

      シカゴで猟奇殺人──19歳の妊婦を殺害後、腹を切って…

    • 8

      噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が…

    • 9

      映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

    • 10

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 1

      徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

    • 2

      29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の容疑者が再犯 少年法見直しの議論は海外にも 

    • 3

      10%の食塩水1kg作るのに必要な塩と水は? 大学生が「%」を分からない絶望的な日本

    • 4

      「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

    • 5

      トランプの言うことは正しい

    • 6

      「古代マヤの宇宙飛行士」説、アメリカで再浮上?

    • 7

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 8

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    • 9

      強気の米中、双方に死角あり「アメリカはまずい手を…

    • 10

      ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

    • 1

      巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

    • 2

      徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

    • 3

      シャチがホホジロザメを餌にし始めた

    • 4

      「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

    • 5

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    • 6

      謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

    • 7

      59歳の人気ランジェリーモデルは5年前まで普通のお母…

    • 8

      「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

    • 9

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 10

      おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】「男は青、女は赤」を考える