Newsweek

コリン・ジョイス

Edge of Europe

ブレグジット騒動さなかの欧州議会選挙で見えたイギリス人の本音

2019年05月30日(木)15時45分
    ブレグジット騒動さなかの欧州議会選挙で見えたイギリス人の本音

    欧州議会選ではポピュリスト政治家のファラージ(写真中央)率いる「ブレグジット党」が圧勝した Henry Nicholls-REUTERS

    <欧州議会選では残留派、離脱派ともにブレグジットに対して意思表示する絶好のチャンスだったのに、彼らは(熱心な残留支持者ですら)やっぱりEUに無関心だった>

    プロフィール

    プロフィール

    コリン・ジョイス

    フリージャーナリスト。1970年、イギリス生まれ。92年に来日し、神戸と東京で暮らす。ニューズウィーク日本版記者、英デイリー・テレグラフ紙東京支局長を経て、フリーに。日本、ニューヨークでの滞在を経て2010年、16年ぶりに故郷イングランドに帰国。フリーランスのジャーナリストとしてイングランドのエセックスを拠点に活動する。ビールとサッカーをこよなく愛す。著書に『「ニッポン社会」入門――英国人記者の抱腹レポート』(NHK生活人新書)、『新「ニッポン社会」入門--英国人、日本で再び発見する』(三賢社)、『マインド・ザ・ギャップ! 日本とイギリスの〈すきま〉』(NHK出版新書)、『なぜオックスフォードが世界一の大学なのか』(三賢社)など。アドレスはjhbqd702@yahoo.co.jp

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:米イラン危機 戦争は起きるのか

    本誌 最新号

    特集:米イラン危機 戦争は起きるのか

    ソレイマニ司令官殺害で高まった緊張── 米イランの衝突が戦争に拡大する可能性

    2020年1月21日号  1/15発売

    人気ランキング

    • 1

      訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

    • 2

      韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモンスターハンターたち

    • 3

      野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャット」現る

    • 4

      オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物…

    • 5

      日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

    • 6

      イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

    • 7

      遺体を堆肥化する「エコロジカル埋葬」 土葬も火葬…

    • 8

      日本の少子化の根本要因は「少母化」──既婚女性の子…

    • 9

      台湾世論調査「中国が武力併合しようとしたら戦うか…

    • 10

      ヘンリー王子との結婚「考えが甘かった」と重圧を語…

    • 1

      複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセレクト、その都市は......

    • 2

      最恐テロリストのソレイマニを「イランの英雄」と報じるメディアの無知

    • 3

      韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモンスターハンターたち

    • 4

      イラン、「アメリカに死を」が「独裁者に死を」へ 旅客機…

    • 5

      年始から「不快感」の応酬......文在寅vsアメリカは…

    • 6

      日本は台湾からの難民を受け入れる準備ができているか

    • 7

      野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

    • 8

      日本も見習え──台湾はいかにポピュリズムを撃退したか

    • 9

      ヘンリー王子との結婚「考えが甘かった」と重圧を語…

    • 10

      日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

    • 1

      日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

    • 2

      韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

    • 3

      韓国の自動車が危ない?

    • 4

      トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

    • 5

      複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

    • 6

      イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

    • 7

      3分で分かるスター・ウォーズ過去8作のあらすじ(初…

    • 8

      中国で捕らわれた外国人を待つ地獄の日々

    • 9

      ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

    • 10

      北朝鮮の「ロケットマン」復活で近づく米朝戦争の足音

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】独裁へと突き進む新トルコ帝国の日常