Newsweek

コリン・ジョイス

Edge of Europe

ロックダウンで飲み過ぎ、食べ過ぎが加速する

2020年06月11日(木)17時30分
    ロックダウンで飲み過ぎ、食べ過ぎが加速する

    この生活で酒量が増えたり体重が増加しがち Daviles/iStock.

    <ロックダウンによるストレスから多くのイギリス人の酒の量が増え、3分の2の人の体重が増えた>

    ロックダウン(都市封鎖)が始まってからの12週ほどで、僕は過去1年分を上回る酒を飲んでいるようだ。何となくの感覚ではない。僕はつい飲み過ぎるたちだから、だいたいの酒量と頻度を記録している。

    プロフィール

    プロフィール

    コリン・ジョイス

    フリージャーナリスト。1970年、イギリス生まれ。92年に来日し、神戸と東京で暮らす。ニューズウィーク日本版記者、英デイリー・テレグラフ紙東京支局長を経て、フリーに。日本、ニューヨークでの滞在を経て2010年、16年ぶりに故郷イングランドに帰国。フリーランスのジャーナリストとしてイングランドのエセックスを拠点に活動する。ビールとサッカーをこよなく愛す。著書に『「ニッポン社会」入門――英国人記者の抱腹レポート』(NHK生活人新書)、『新「ニッポン社会」入門--英国人、日本で再び発見する』(三賢社)、『マインド・ザ・ギャップ! 日本とイギリスの〈すきま〉』(NHK出版新書)、『なぜオックスフォードが世界一の大学なのか』(三賢社)など。アドレスはjhbqd702@yahoo.co.jp

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:人生を変えた55冊

    本誌 最新号

    特集:人生を変えた55冊

    コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

    2020年8月11日号  8/ 4発売

    人気ランキング

      • 1

        コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

      • 2

        中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

      • 3

        【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスクとの向き合い方

      • 4

        抗議デモに参加した17歳息子の足元に新品の靴 略奪…

      • 5

        アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

      • 6

        南シナ海でやりたい放題の中国、ベトナムいじめが止…

      • 7

        K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

      • 8

        学生が大学を訴える──質落ちたオンライン授業に「学…

      • 9

        奇妙な北朝鮮「戦勝記念日」写真 金正恩の名を刻み…

      • 10

        再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

      • 1

        コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

      • 2

        中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

      • 3

        「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

      • 4

        中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

      • 5

        中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

      • 6

        韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

      • 7

        宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

      • 8

        中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

      • 9

        アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

      • 10

        戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

      もっと見る

      Picture Power

      レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

      【写真特集】幸せを探してスクールバスのわが家は走る