コリン・ジョイス

Edge of Europe

コロナ支援策の恩恵を受けられなかった「敗者」とは......

2021年04月06日(火)15時30分

    英スナク財務相は手厚い支援策を発表したが…… Tolga Akmen/Pool/REUTERS

    <ロックダウンに伴う支援策でぼろ儲けする人もいれば、運悪く条件がそろわず完全にこぼれ落ちた人もいる。罪もないのに罰を食らったのはどんな層だったのか>

    ニューズウィーク日本版本誌用に書いた記事で、イギリスでの新型コロナウイルスとロックダウン(都市封鎖)によって経済的「勝者」になった人々についてまとめてみた。その記事の中では、「敗者」についてはあまり触れなかった。

    フリーランス・自営業者の中では、僕はたまたま「勝者」のカテゴリーに入り、同じく自営業者の中に「敗者」カテゴリー入りした人々がいることを心苦しく思う。実に不公平なことだから、僕はきまり悪さを覚える。

    1年前に初めてロックダウンが宣言されたとき、英政府は人々が経済的な苦境に陥らずに自宅待機の規制に従えるよう、計画を練った。規制は必要に迫られて急ごしらえで出来上がったから、必然的に大ざっぱなところがあった。信じられないほどの幸運が舞い込んだ人もいれば、こぼれ落ちた人もいた。

    自営業者が英政府から提示されたのは、もしもロックダウンで何らかの経済的悪影響を受けた場合、平常時の収入の80%を保障してもらえる、という支援策だ。これは3カ月を1まとまりとして試算される。その結果、かなり多くのフリーランスの人々にとって、この助成は非常に太っ腹なものになった。

    心無い人々が乱用

    例その1、ロックダウンが始まり最初の2~3週間は仕事が激減したが、この状況に適応して仕事をする方法を見つけ、その後は通常時の収入に戻ったという人。例その2、これは僕もそうだが、3カ月間を通してみれば収入の一部、20%かそこらの損失があったという人。例その3、かなりの収入を失ったがコストも大幅に削減されたから純損失はそれほど大きくなかったという人。

    この支援策は延長に次ぐ延長が行われた。僕は第1回目以降は、今後これ以上の収入減はないだろうと判断して支援金を申請しなかった。でもこの制度は心無い人々が乱用するには好都合だった。申請が殺到したため、申請の信憑性など確認できなくなった。

    「敗者」になったのは、非常に高収入だった自営業者。支援額の上限が決まっていたからだ。彼らは高収入かもしれないが運営コストも膨大で、例えば高額機器のローン返済や広大な仕事場の家賃支払いなどがのしかかるために、ロックダウン中でもコストは減らなかったという可能性もある。それでも支援はあくまで収入に基づいて算出されたし、1カ月に2500ポンド(約38万円)が上限とされた。平常時なら大きな税収をもたらしてくれるはずの、こうした高利益な事業者は、ロックダウンでじわじわと絞め付けられていった。

    プロフィール

    プロフィール

    コリン・ジョイス

    フリージャーナリスト。1970年、イギリス生まれ。92年に来日し、神戸と東京で暮らす。ニューズウィーク日本版記者、英デイリー・テレグラフ紙東京支局長を経て、フリーに。日本、ニューヨークでの滞在を経て2010年、16年ぶりに故郷イングランドに帰国。フリーランスのジャーナリストとしてイングランドのエセックスを拠点に活動する。ビールとサッカーをこよなく愛す。著書に『「ニッポン社会」入門――英国人記者の抱腹レポート』(NHK生活人新書)、『新「ニッポン社会」入門--英国人、日本で再び発見する』(三賢社)、『マインド・ザ・ギャップ! 日本とイギリスの〈すきま〉』(NHK出版新書)、『なぜオックスフォードが世界一の大学なのか』(三賢社)など。アドレスはjhbqd702@yahoo.co.jp

    本誌紹介

    特集:世界があきれる東京五輪

    本誌 最新号

    特集:世界があきれる東京五輪

    国民の不安の声や専門家の疑念は無視して
    「安心・安全」を繰り返す日本を世界はこう見ている

    2021年6月15日号  6/ 8発売

    人気ランキング

    • 1

      4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

    • 2

      ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔していること

    • 3

      将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい」5つのスキル

    • 4

      EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

    • 5

      歴史に置き去られた世界の廃墟たち...不気味で美しき…

    • 6

      誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

    • 7

      イギリスがデルタ株の感染再燃で正常化先送りなのに…

    • 8

      デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

    • 9

      「宿題なし・定期テストなし」でも生徒が勝手に勉強す…

    • 10

      ワクチン副反応、実は若い男性で心筋炎が多発 ファ…

    • 1

      4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

    • 2

      国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

    • 3

      デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウンゴールで五輪に失敗した」

    • 4

      EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

    • 5

      ビットコインを暴落させたマスクにアノニマスが「宣…

    • 6

      山口香JOC理事「今回の五輪は危険でアンフェア(不公…

    • 7

      武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

    • 8

      将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

    • 9

      ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

    • 10

      水深6000メートル超の超深海帯で死肉をたいらげる新…

    • 1

      4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

    • 2

      脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

    • 3

      脱・脱日本依存? 韓国自治体が日本の半導体材料メーカー誘致に舵を切っている

    • 4

      国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレ…

    • 5

      デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

    • 6

      ホテルで24時間監視、食事はカップ麺の「おもてなし」…

    • 7

      東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

    • 8

      閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

    • 9

      武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

    • 10

      捕獲のプロが巨大ニシキヘビに遭遇した意外な現場...…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】ゲイの夫夫が手にした父権の肖像