Newsweek

木村幹

韓国を知る

もしも韓国が仮想敵国だったら?

2019年01月29日(火)17時00分
    もしも韓国が仮想敵国だったら?

    海上自衛隊の護衛艦「いずも」の韓国寄港が中止されれば、防衛当局の交流縮小が現実に Issei Kato-REUTERS

    <レーダー照射や威嚇飛行をめぐる問題で日韓の対立が深まるなか、日本では、韓国は理屈が通じないし面倒だからいらない、という感情論が増えているが>

    プロフィール

    プロフィール

    木村幹

    1966年大阪府生まれ。神戸大学大学院国際協力研究科教授。また、NPO法人汎太平洋フォーラム理事長、神戸新聞客員論説委員を兼任。専門は比較政治学、朝鮮半島地域研究。著書に『日本の常識は通用しない 慰安婦合意反故「法より正義の国 韓国」』、『朝鮮半島をどう見るか』、『韓国における「権威主義的」体制の成立』(サントリー学芸賞)、『朝鮮/韓国ナショナリズムと「小国」意識』(アジア・太平洋賞)、『徹底検証 韓国論の通説・俗説』(共著)など。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:世界を変えるブロックチェーン起業

    本誌 最新号

    特集:世界を変えるブロックチェーン起業

    難民にデジタルIDを与え、医療情報や物流を正しく管理── 分散型台帳を使う新事業・新ビジネスが各国で始まった

    2019年4月23日号  4/16発売

    人気ランキング

    • 1

      巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

    • 2

      シャチがホホジロザメを餌にし始めた

    • 3

      謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

    • 4

      「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

    • 5

      [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

    • 6

      家庭料理に求めるレベルが高すぎて、夫の家事分担が…

    • 7

      「日本越え」韓国経済の落とし穴

    • 8

      子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

    • 9

      韓国の日本大使館、建て替えが進まず空き地になった…

    • 10

      女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

    • 1

      巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

    • 2

      女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練された方法を持っていた

    • 3

      少女の乳房を焼き潰す慣習「胸アイロン」──カメルーン出身の被害者語る

    • 4

      これが米大企業のほとんどを所有し牛耳るビッグ・ス…

    • 5

      台湾で女性のまぶたから生きたハチ4匹が摘出される

    • 6

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 7

      大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

    • 8

      日本の通勤地獄が労働生産性を下げている? 経済損…

    • 9

      ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

    • 10

      シャチがホホジロザメを餌にし始めた

    • 1

      無残、少女の足の裏に無数の寄生虫!

    • 2

      巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

    • 3

      人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕上げに八つ裂き」

    • 4

      女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

    • 5

      映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

    • 6

      「令和」に関して炎上する中国ネット

    • 7

      「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

    • 8

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 9

      韓国コンビニも営業時間短縮、しかし日本とはかなり…

    • 10

      大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】非暴力のはずのLGBTが銃を握る理由