Newsweek

川上泰徳

パレスチナ問題の特殊性 中東全体の危機へと広がり得る理由

川上泰徳

ネタニヤフ続投で始まる「米=イスラエル=サウジ」のパレスチナ包囲網

川上泰徳

トランプ政権がパレスチナ難民支援を停止した時、40カ国が立ち上がった

川上泰徳

シリア内戦の最終局面 停戦のカギを握るのは「トルコ」だ

川上泰徳

シリアで拘束されたスペイン人元人質の証言──安田純平さん事件のヒントとして

川上泰徳

安田純平さん拘束から3年と、日本の不名誉

川上泰徳

パレスチナ映画『ガザの美容室』にイスラエルが出てこない理由

川上泰徳

パレスチナ人を見殺しにするアラブ諸国 歴史が示す次の展開は...

川上泰徳

シリア「虐殺された町」の市民ジャーナリストたち

川上泰徳

エルサレム移転を前に報じられる驚愕「トランプ和平案」の中身

川上泰徳

独立直後のイスラエルが行ったパレスチナ人の「民族浄化」を告発する

川上泰徳

トランプのエルサレム認定 「次」に起こる危機とサウジの影

川上泰徳

エジプトのモスク襲撃テロの背景にある「スンニ派同士」の対立

川上泰徳

まだ終わっていない──ラッカ陥落で始まる「沈黙の内戦」

川上泰徳

北斎のような「波」が、政治的暴力を世界に告発する

川上泰徳

1500~2000人も犠牲になった虐殺事件ですら、歴史に埋もれてしまう

川上泰徳

8歳少女が抗争の犠牲に... パレスチナ難民キャンプの今

川上泰徳

空虚な言葉だけが飛び交った、自覚なきトランプの中東歴訪

川上泰徳

シリア攻撃 トランプ政権の危険なミリタリズム

川上泰徳

シリア内戦と日本の戦争体験はつながっている

プロフィール

プロフィール

川上泰徳

中東ジャーナリスト。フリーランスとして中東を拠点に活動。1956年生まれ。元朝日新聞記者。大阪外国語大学アラビア語科卒。特派員としてカイロ、エルサレム、バグダッドに駐在。中東報道でボーン・上田記念国際記者賞受賞。著書に『中東の現場を歩く』(合同出版)、『イラク零年』(朝日新聞)、『イスラムを生きる人びと』(岩波書店)、共著『ジャーナリストはなぜ「戦場」へ行くのか』(集英社新書)。最新刊は『「イスラム国」はテロの元凶ではない』(集英社新書)。
ツイッターは @kawakami_yasu