Newsweek

川上泰徳

中東ニュースの現場から

トランプ政権がパレスチナ難民支援を停止した時、40カ国が立ち上がった

2018年12月13日(木)11時03分
    トランプ政権がパレスチナ難民支援を停止した時、40カ国が立ち上がった

    Yuri Gripas-REUTERS

    <2018年、国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)は危機的状況に陥ったが、それに対し国際社会での支援が広がった。クレヘンビュール事務局長が激動の一年を振り返る>

    今年、パレスチナ問題は大荒れとなった。発端は昨年12月にトランプ米大統領がエルサレムをイスラエルの首都と認定し、テルアビブにあった米国大使館をエルサレムに移すと発表したことである。

    プロフィール

    プロフィール

    川上泰徳

    中東ジャーナリスト。フリーランスとして中東を拠点に活動。1956年生まれ。元朝日新聞記者。大阪外国語大学アラビア語科卒。特派員としてカイロ、エルサレム、バグダッドに駐在。中東報道でボーン・上田記念国際記者賞受賞。著書に『中東の現場を歩く』(合同出版)、『イラク零年』(朝日新聞)、『イスラムを生きる人びと』(岩波書店)、共著『ジャーナリストはなぜ「戦場」へ行くのか』(集英社新書)、『「イスラム国」はテロの元凶ではない』(集英社新書)。最新刊は『シャティーラの記憶――パレスチナ難民キャンプの70年』
    ツイッターは @kawakami_yasu

    本誌紹介

    特集:バイデン vs 中国

    本誌 最新号

    特集:バイデン vs 中国

    トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

    2021年1月26日号  1/19発売

    人気ランキング

    • 1

      アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

    • 2

      米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」が盗難

    • 3

      議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、取り巻きたちの全内幕

    • 4

      州兵たちの仕事は「愛国」を叫ぶ同胞たちから議事堂…

    • 5

      マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

    • 6

      入院できないコロナ自宅療養者が急増 重症化を察知…

    • 7

      米司法省、議会襲撃めぐり地方政府当局者を逮捕 大統…

    • 8

      米議会襲撃で盗難されたペロシ下院議長のパソコン、…

    • 9

      七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

    • 10

      新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

    • 1

      新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

    • 2

      マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

    • 3

      ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(英規制当局)

    • 4

      アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

    • 5

      無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

    • 6

      「生意気な青二才」「お前が言うな」批判も浴びた金…

    • 7

      七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

    • 8

      トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

    • 9

      「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

    • 10

      議会乱入の暴徒が叫んでいた「ハング・ペンス(ペン…

    • 1

      「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

    • 2

      新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

    • 3

      脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

    • 4

      マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

    • 5

      世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

    • 6

      ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

    • 7

      北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

    • 8

      アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

    • 9

      無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

    • 10

      米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】埋もれゆくシベリア「骨の道」の記憶