Newsweek

河東哲夫

外交官の万華鏡

米中対立時代のサバイバル術──日本流「二股」戦術も限界か

2019年03月05日(火)10時30分
    米中対立時代のサバイバル術──日本流「二股」戦術も限界か

    中国工場で製造される輸出用ボルボ車(中国・黒竜江省大慶) REUTERS

    <米政権の関税引き上げで中国の「輸出基地」モデルは終焉――それでも13億人の巨大市場の吸引力は断ち切れない>

    プロフィール

    プロフィール

    河東哲夫

    (かわとう・あきお)外交アナリスト。
    外交官としてロシア公使、ウズベキスタン大使などを歴任。メールマガジン『文明の万華鏡』を主宰。著書に『米・中・ロシア 虚像に怯えるな』など  <筆者の過去記事一覧はこちら

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:5Gの世界

    本誌 最新号

    特集:5Gの世界

    超高速大容量の通信でネット利用が快適に...... どころで済まない5Gの潜在力と激変する未来の姿

    2019年3月26日号  3/19発売

    人気ランキング

    • 1

      モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

    • 2

      「囚人式」コンディショニングが、ビジネスパーソンに必要な理由

    • 3

      アフリカの違法エナジードリンク、「6時間たちっぱなし」で販売禁止に

    • 4

      「虐待が脳を変えてしまう」脳科学者からの目を背け…

    • 5

      500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

    • 6

      完璧としか言いようがない、イチロー選手の引退劇

    • 7

      すべてのパソコンをタブレットに変えたら、どれぐら…

    • 8

      全米を震撼させた裏口入学スキャンダル、その驚きの…

    • 9

      いじめで「死ななかった子」と親を取材して分かった…

    • 10

      日本の重要性を見失った韓国

    • 1

      日本の重要性を見失った韓国

    • 2

      モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

    • 3

      500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【名画の謎を解く】

    • 4

      韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本…

    • 5

      「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

    • 6

      北斎は幽霊っぽさを出すために子供の頭蓋骨を使った…

    • 7

      日本よ!「反韓・嫌韓」は時間の無駄だ

    • 8

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 9

      金正男暗殺実行犯の女性被告1人を釈放・帰国 マレー…

    • 10

      「韓国にまともな民主主義はない」アメリカも抱く誤…

    • 1

      日本の重要性を見失った韓国

    • 2

      家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

    • 3

      映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレディの悲劇

    • 4

      自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

    • 5

      フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

    • 6

      【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

    • 7

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 8

      モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

    • 9

      韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本…

    • 10

      『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい