Newsweek

河東哲夫

外交官の万華鏡

金の切れ目が縁の切れ目、中国「一帯一路」夢のあとさき

2019年05月03日(金)06時40分

    そして今、中国の国際収支は赤字寸前でばらまき外交ももうできない。金の切れ目が縁の切れ目。現代のモンゴル帝国は、夢に終わることだろう。

    中央アジアでは3月にカザフスタンで大統領が交代した。ウズベキスタンでは16年に就任したミルジヨエフ大統領がまだ権力を固め切れていないなど、不安定要因は残る。だが日本は一帯一路に神経質になったり、圧倒されたりする必要はない。中国の手掛けるプロジェクトでいいものがあれば協力し、中国が設けたインフラを利用させてもらう。

    この様子だと、中央アジアは中国に牛耳られてしまうことはない。逆に不安定要素を乗り越えて国家の体力を強化すれば、中国やロシアに物申す存在になるだろう。日本は中国の力を逆手に取って自分の利益を図る、「合気道外交」を心掛ければいいのだ。

    <本誌2019年4月30日/5月7日号掲載>

    201904300507cover-200.jpg

    ※4月30日/5月7日号(4月23日発売)は「世界が尊敬する日本人100人」特集。お笑い芸人からノーベル賞学者まで、誰もが知るスターから知られざる「その道の達人」まで――。文化と言葉の壁を越えて輝く天才・異才・奇才100人を取り上げる特集を、10年ぶりに組みました。渡辺直美、梅原大吾、伊藤比呂美、川島良彰、若宮正子、イチロー、蒼井そら、石上純也、野沢雅子、藤田嗣治......。いま注目すべき100人を選んでいます。


    プロフィール

    プロフィール

    河東哲夫

    (かわとう・あきお)外交アナリスト。
    外交官としてロシア公使、ウズベキスタン大使などを歴任。メールマガジン『文明の万華鏡』を主宰。著書に『米・中・ロシア 虚像に怯えるな』など  <筆者の過去記事一覧はこちら

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:嫌韓の心理学

    本誌 最新号

    特集:嫌韓の心理学

    日本人はいつから韓国が嫌いになったのか? 心理学とメディア分析で「嫌韓」を分析

    ※次号は10/16(水)発売となります。

    2019年10月15日号  10/ 8発売

    人気ランキング

    • 1

      ラグビー日本代表「多様性ジャパン」は分断と対立を超える

    • 2

      イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

    • 3

      写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

    • 4

      保守がネット右翼と合体し、いなくなってしまった理…

    • 5

      全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描…

    • 6

      中国に謝罪したNBAに米議員が猛反発

    • 7

      台風19号、東日本直撃し各地で氾濫被害 千曲川は堤防…

    • 8

      韓国チョ・グク法相が辞任表明 親族の不正疑惑巡る批…

    • 9

      大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

    • 10

      日本に巣食う「嫌韓」の正体

    • 1

      イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

    • 2

      全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描いた被害者の肖像

    • 3

      北朝鮮漁民は「100年前の船」で無謀な出漁......日本の漁師から同情の声も

    • 4

      日本に巣食う「嫌韓」の正体

    • 5

      「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

    • 6

      ツイッター動画が人生を変えた......ホームレス・シ…

    • 7

      「国に『金くれ』とか言うなよ」という話? 再開され…

    • 8

      日本が「生産性が低すぎる国」になった五輪イヤー 衰…

    • 9

      『ジョーカー』怒りを正当化する時代に怒りを描く危…

    • 10

      なぜ韓国の若者は失業に苦しみ続けるのか

    • 1

      韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が徐々に明らかに

    • 2

      写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

    • 3

      イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

    • 4

      「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

    • 5

      繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

    • 6

      「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

    • 7

      米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

    • 8

      コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

    • 9

      サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

    • 10

      ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】豪華クルーズ船はますます好調