Newsweek

河東哲夫

外交官の万華鏡

金の切れ目が縁の切れ目、中国「一帯一路」夢のあとさき

2019年05月03日(金)06時40分

    そして今、中国の国際収支は赤字寸前でばらまき外交ももうできない。金の切れ目が縁の切れ目。現代のモンゴル帝国は、夢に終わることだろう。

    中央アジアでは3月にカザフスタンで大統領が交代した。ウズベキスタンでは16年に就任したミルジヨエフ大統領がまだ権力を固め切れていないなど、不安定要因は残る。だが日本は一帯一路に神経質になったり、圧倒されたりする必要はない。中国の手掛けるプロジェクトでいいものがあれば協力し、中国が設けたインフラを利用させてもらう。

    この様子だと、中央アジアは中国に牛耳られてしまうことはない。逆に不安定要素を乗り越えて国家の体力を強化すれば、中国やロシアに物申す存在になるだろう。日本は中国の力を逆手に取って自分の利益を図る、「合気道外交」を心掛ければいいのだ。

    <本誌2019年4月30日/5月7日号掲載>

    201904300507cover-200.jpg

    ※4月30日/5月7日号(4月23日発売)は「世界が尊敬する日本人100人」特集。お笑い芸人からノーベル賞学者まで、誰もが知るスターから知られざる「その道の達人」まで――。文化と言葉の壁を越えて輝く天才・異才・奇才100人を取り上げる特集を、10年ぶりに組みました。渡辺直美、梅原大吾、伊藤比呂美、川島良彰、若宮正子、イチロー、蒼井そら、石上純也、野沢雅子、藤田嗣治......。いま注目すべき100人を選んでいます。


    プロフィール

    プロフィール

    河東哲夫

    (かわとう・あきお)外交アナリスト。
    外交官としてロシア公使、ウズベキスタン大使などを歴任。メールマガジン『文明の万華鏡』を主宰。著書に『米・中・ロシア 虚像に怯えるな』など  <筆者の過去記事一覧はこちら

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:上級国民論

    本誌 最新号

    特集:上級国民論

    特権階級が不当に罪を逃れている── 日本を席巻する疑念と怒りの正体

    ※次号は2/26(水)発売となります。

    2020年2月25日号  2/18発売

    人気ランキング

    • 1

      「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー違反

    • 2

      国民の命は二の次か? 武漢パンデミックを後追いする日本

    • 3

      感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「インフル猛威」のなぜ

    • 4

      new-style(新型)coronavirus, stay reki(渡航歴)…

    • 5

      新型コロナウイルス、世界各国で感染急拡大 状況ま…

    • 6

      「マスクは今週1億枚を供給、来月には月産6億枚体制へ…

    • 7

      クルーズ船対応に見る日本の組織の問題点──権限とス…

    • 8

      殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

    • 9

      トランプが韓国映画『パラサイト』アカデミー受賞に…

    • 10

      新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

    • 1

      夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

    • 2

      文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問答無用

    • 3

      「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー違反

    • 4

      ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメ…

    • 5

      スキー・スノボに行かなくなった(行けなくなった)…

    • 6

      感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

    • 7

      殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

    • 8

      クルーズ船内「悲惨な状態」 神戸大・岩田健太郎教授、…

    • 9

      新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染…

    • 10

      新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

    • 1

      「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

    • 2

      一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

    • 3

      ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

    • 4

      マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

    • 5

      新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

    • 6

      夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

    • 7

      「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

    • 8

      BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

    • 9

      「拷問死したアメリカ人学生」がはばむ文在寅の五輪…

    • 10

      文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】シリコンバレー、格差社会の日常