Newsweek

河東哲夫

外交官の万華鏡

トランプ退場で歴史は再び明るい未来へ進歩を続ける、のか

2021年01月06日(水)16時30分
    トランプ退場で歴史は再び明るい未来へ進歩を続ける、のか

    世界各地で反政府デモが起きているが……(写真はタイ) SOE ZEYA TUNーREUTERS

    <各国で勃発する反政府運動だが、そこに近代化社会を見通すのは難しい。それぞれの歴史が生んだ社会が障壁となって個人の自由や権利を享受することができなくなっている>

    プロフィール

    プロフィール

    河東哲夫

    (かわとう・あきお)外交アナリスト。
    外交官としてロシア公使、ウズベキスタン大使などを歴任。メールマガジン『文明の万華鏡』を主宰。著書に『米・中・ロシア 虚像に怯えるな』など  <筆者の過去記事一覧はこちら

    本誌紹介

    特集:人民元研究

    本誌 最新号

    特集:人民元研究

    一足先にデジタル化する「RMB」の実力 中国の通貨は本当に米ドルを駆逐するのか

    2021年3月 9日号  3/ 2発売

    人気ランキング

    • 1

      リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

    • 2

      無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラックホール 星図が作成される

    • 3

      ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こした本当の理由

    • 4

      赤ちゃんの手足が真っ青に──コロナ関連小児多臓器症…

    • 5

      なぜドラえもんの原っぱには「土管」がある? 東京の「…

    • 6

      こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

    • 7

      新型コロナ関連の小児病MIS-Cで10歳の少年が両手と両…

    • 8

      バブルは弾けた

    • 9

      バイデン政権のシリア爆撃が、ロシア、シリア政府、…

    • 10

      「STOP 112」タイで唱えられる反政府メッセージの意味

    • 1

      屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

    • 2

      バブルは弾けた

    • 3

      中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

    • 4

      がら空きのコロナ予防接種センター、貴重なワクチン…

    • 5

      トランプにうんざりの共和党員が大量離党 右傾化に…

    • 6

      弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった…

    • 7

      あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

    • 8

      ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こ…

    • 9

      リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

    • 10

      アメリカの顔をした中国企業 Zoomとクラブハウスの…

    • 1

      フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

    • 2

      ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

    • 3

      屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

    • 4

      新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

    • 5

      韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

    • 6

      バブルは弾けた

    • 7

      中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

    • 8

      全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

    • 9

      現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

    • 10

      こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】コロナ禍でドライブインシアター人気が再び