Newsweek

加谷珪一

台頭する中国に対抗する「強いアメリカ」、バイデンのインフラ投資で実現できるか

加谷珪一

日本の中途半端なミャンマー政策 世界からは中国と同一視されかねない

加谷珪一

メルカリに続き楽天も中国IT大手と提携 「日中EC融合」で何が起きる?

加谷珪一

タンス預金が100兆円を突破! 「現金好き」はどんどん損する時代に

加谷珪一

中小企業になりたがる大企業 「減資」はズルいのか?

加谷珪一

「超大国化」を堂々宣言した中国に、日本は取り込まれるしかないのか

加谷珪一

中国人民元が基軸通貨になり得るこれだけの理由

加谷珪一

インフレの条件は(ほぼ)整った──投資家たちは何を懸念している?

加谷珪一

ファミマが開く「金融・新時代」の扉──銀行は生き残れるのか

加谷珪一

バイデンも、トランプと同じ保護貿易主義者? 自国優遇政策の狙いとは

加谷珪一

森会長の辞任後も、「差別発言」が日本にもたらす莫大な経済損失

加谷珪一

なぜ経済危機のたびに、日本だけ回復が遅れるのか

加谷珪一

「テスラ家電」「アップル自動車」の破壊的イノベーションに備えよ

加谷珪一

「金投資」黄金時代が続きそうな理由

加谷珪一

菅首相うっかり? それでも「国民皆保険の見直し」発言が大問題な訳

加谷珪一

原油相場が厳しい理由はコロナだけではない

加谷珪一

「日本の医療崩壊」その危険性を示唆する、世界で断トツの「数値」

加谷珪一

コロナで変わったドル円相場の新ルールとは?

加谷珪一

バイデン政権で米長期金利が上昇すれば、日本の債券市場も動きだす

加谷珪一

中途半端な「緊急事態宣言」は、守りたいはずの経済にも逆効果か

プロフィール

プロフィール

加谷珪一

経済評論家。東北大学工学部卒業後、日経BP社に記者として入社。野村證券グループの投資ファンド運用会社に転じ、企業評価や投資業務を担当する。独立後は、中央省庁や政府系金融機関などに対するコンサルティング業務に従事。現在は金融、経済、ビジネス、ITなどの分野で執筆活動を行う。億単位の資産を運用する個人投資家でもある。
『お金持ちの教科書』 『大金持ちの教科書』(いずれもCCCメディアハウス)、『感じる経済学』(SBクリエイティブ)など著書多数。