Newsweek

加谷珪一

経済ニュースの文脈を読む

トランプ経済が「レーガノミクスの再来」ではない理由

2017年03月07日(火)17時07分
    トランプ経済が「レーガノミクスの再来」ではない理由

    ロナルド・レーガン大統領(1981~1989年) Stelios Varias-REUTERS

    <トランプの経済政策を80年代のレーガンの経済政策と比較する向きがあるが、似ているのはむしろ、民主党・ルーズベルト大統領のニューディール政策だ>

    2月28日、トランプ米大統領による初の議会演説が無事終了した。注目の経済政策については概ね事前の予想通りだったが、政策の優先順位がより明確になった。

    プロフィール

    プロフィール

    加谷珪一

    評論家。東北大学工学部卒業後、日経BP社に記者として入社。野村證券グループの投資ファンド運用会社に転じ、企業評価や投資業務を担当する。独立後は、中央省庁や政府系金融機関などに対するコンサルティング業務に従事。現在は金融、経済、ビジネス、ITなどの分野で執筆活動を行う。億単位の資産を運用する個人投資家でもある。
    『お金持ちの教科書』 『大金持ちの教科書』(いずれもCCCメディアハウス)、『お金は「歴史」で儲けなさい』(朝日新聞出版)など著書多数。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:韓国人の本音 ピョンチャン五輪と南北融和

    本誌 最新号

    特集:韓国人の本音 ピョンチャン五輪と南北融和

    平昌五輪での北朝鮮の融和外交が世界を驚かせたが、当の韓国人は南北和解と統一をどう考えている?

    2018年2月27日号  2/20発売

    人気ランキング

    • 1

      北朝鮮スケート選手の妨害に、日本人選手「故意ではない」

    • 2

      銃乱射を生き残った高校生たちに全米から誹謗中傷なぜ?

    • 3

      【動画】ショートプログラム歴代最低の3点!──羽生結弦と真逆の演技はこれだ

    • 4

      思わず二度見してしまう、米スピードスケート代表ユ…

    • 5

      「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

    • 6

      仮想通貨バブルの崩壊で、腐ったリンゴを取り除け

    • 7

      北朝鮮「スリーパーセル」論争に隠された虚しい現実

    • 8

      オランダのスケート選手「犬を大切にして」に韓国ネ…

    • 9

      韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

    • 10

      ベネズエラ版ビットコイン「ペトロ」は新手の仮想通…

    • 1

      北朝鮮スケート選手の妨害に、日本人選手「故意ではない」

    • 2

      265年に1度? 31日夜、「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」が空を彩る

    • 3

      マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

    • 4

      「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

    • 5

      「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

    • 6

      銃乱射を生き残った高校生たちに全米から誹謗中傷な…

    • 7

      北朝鮮と戦う米軍兵士は地獄を見る

    • 8

      北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北…

    • 9

      「逆にいやらしい」忖度しすぎなインドネシアの放送…

    • 10

      50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい