Newsweek

加谷珪一

経済ニュースの文脈を読む

通勤電車や新幹線がやたらと混んでいるのはなぜ?

2018年07月11日(水)12時00分
    通勤電車や新幹線がやたらと混んでいるのはなぜ?

    写真はイメージです。 bennymarty-iStock

    <混雑で有名な東急田園都市線(渋谷~中央林間)は利用者が7%も増加している。小田急電鉄は莫大な金額を投じて複々線化したが、長い目で見れば混雑は自然に解消する...!? >

    プロフィール

    プロフィール

    加谷珪一

    評論家。東北大学工学部卒業後、日経BP社に記者として入社。野村證券グループの投資ファンド運用会社に転じ、企業評価や投資業務を担当する。独立後は、中央省庁や政府系金融機関などに対するコンサルティング業務に従事。現在は金融、経済、ビジネス、ITなどの分野で執筆活動を行う。億単位の資産を運用する個人投資家でもある。
    『お金持ちの教科書』 『大金持ちの教科書』(いずれもCCCメディアハウス)、『お金は「歴史」で儲けなさい』(朝日新聞出版)など著書多数。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:ここまで来たAI医療

    本誌 最新号

    特集:ここまで来たAI医療

    病院での待ち時間や誤診、膨れ上がる医療費── 「切り札」人工知能が医療の難題を解決する日

    2018年11月20日号  11/13発売

    人気ランキング

    • 1

      「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

    • 2

      小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

    • 3

      インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐待の日々

    • 4

      人肉食が予防した不治の病

    • 5

      ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

    • 6

      「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

    • 7

      リー首相「アジアはもうすぐアメリカか中国を選ばな…

    • 8

      安倍首相は「三つの原則」と言っていなかった──日本…

    • 9

      「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

    • 10

      次の戦争では中・ロに勝てないと、米連邦機関が警告

    • 1

      「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

    • 2

      インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐待の日々

    • 3

      小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

    • 4

      あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

    • 5

      「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

    • 6

      「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

    • 7

      人肉食が予防した不治の病

    • 8

      「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

    • 9

      徴用工判決が突きつける「日韓国交正常化の闇」 韓…

    • 10

      BTSはなぜ「原爆Tシャツ」を着たのか?原爆投下降伏…

    • 1

      ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

    • 2

      「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

    • 3

      子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

    • 4

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 5

      安倍首相はよく耐えた!

    • 6

      29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

    • 7

      全否定の「囚人筋トレ」が普通の自重筋トレと違う3つ…

    • 8

      「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになっ…

    • 9

      人肉食が予防した不治の病

    • 10

      アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい