Newsweek

加谷珪一

経済ニュースの文脈を読む

本気で考える、日本の労働生産性はなぜ万年ビリなのか?

2019年04月02日(火)15時25分
    本気で考える、日本の労働生産性はなぜ万年ビリなのか?

    ponsulak-iStock

    <日本の労働生産性は1970年代以来ずっと、先進国中最下位の座にある。付加価値が低く、労働集約的な日本のビジネス......なぜこのようなビジネスしかできないのか>

    プロフィール

    プロフィール

    加谷珪一

    経済評論家。東北大学工学部卒業後、日経BP社に記者として入社。野村證券グループの投資ファンド運用会社に転じ、企業評価や投資業務を担当する。独立後は、中央省庁や政府系金融機関などに対するコンサルティング業務に従事。現在は金融、経済、ビジネス、ITなどの分野で執筆活動を行う。億単位の資産を運用する個人投資家でもある。
    『お金持ちの教科書』 『大金持ちの教科書』(いずれもCCCメディアハウス)、『感じる経済学』(SBクリエイティブ)など著書多数。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:世界が尊敬する日本人100

    本誌 最新号

    特集:世界が尊敬する日本人100

    お笑い芸人からノーベル賞学者まで文化の壁を越えて輝くいま注目すべき100人

    2019年4月30日号  4/23発売

    人気ランキング

    • 1

      5年前、太陽系外の恒星間天体が地球に衝突していた

    • 2

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 3

      エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA論文

    • 4

      おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

    • 5

      女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

    • 6

      巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

    • 7

      南極の氷河の下に巨大な空洞が発見される

    • 8

      シャチがホホジロザメを餌にし始めた

    • 9

      連続爆発テロ:スリランカはなぜ狙われたのか

    • 10

      「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

    • 1

      巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

    • 2

      シャチがホホジロザメを餌にし始めた

    • 3

      謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

    • 4

      「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

    • 5

      [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

    • 6

      女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

    • 7

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 8

      「心の専門家」に、ピエール瀧氏を「分析」させるメ…

    • 9

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 10

      子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

    • 1

      巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

    • 2

      無残、少女の足の裏に無数の寄生虫!

    • 3

      シャチがホホジロザメを餌にし始めた

    • 4

      人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

    • 5

      女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

    • 6

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 7

      謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

    • 8

      「令和」に関して炎上する中国ネット

    • 9

      大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

    • 10

      映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】非暴力のはずのLGBTが銃を握る理由