Newsweek

加谷珪一

経済ニュース超解説

「日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう」への反響を受け、もう一つカラクリを解き明かす

2019年09月10日(火)15時00分
    「日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう」への反響を受け、もう一つカラクリを解き明かす

    厳しい現実に正面から対峙することこそが国を愛する心ではないだろうか bee32-iStock

    <「日本が後進国」という内容に衝撃を受けた方は少なくない。なぜなら、日本は1人当たりGDPが主要国トップになったこともあり、メディアではこの部分が肯定的に大きく取り上げられる。しかしその一方で、労働生産性は最下位だ。その理由から見える、日本の課題とは>

    プロフィール

    プロフィール

    加谷珪一

    経済評論家。東北大学工学部卒業後、日経BP社に記者として入社。野村證券グループの投資ファンド運用会社に転じ、企業評価や投資業務を担当する。独立後は、中央省庁や政府系金融機関などに対するコンサルティング業務に従事。現在は金融、経済、ビジネス、ITなどの分野で執筆活動を行う。億単位の資産を運用する個人投資家でもある。
    『お金持ちの教科書』 『大金持ちの教科書』(いずれもCCCメディアハウス)、『感じる経済学』(SBクリエイティブ)など著書多数。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:人生を変えた55冊

    本誌 最新号

    特集:人生を変えた55冊

    コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

    2020年8月11日号  8/ 4発売

    人気ランキング

      • 1

        コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

      • 2

        中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

      • 3

        ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

      • 4

        K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

      • 5

        陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

      • 6

        奇妙な北朝鮮「戦勝記念日」写真 金正恩の名を刻み…

      • 7

        再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

      • 8

        『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

      • 9

        【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

      • 10

        地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

      • 1

        コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

      • 2

        中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

      • 3

        中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

      • 4

        中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

      • 5

        韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

      • 6

        ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

      • 7

        宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

      • 8

        アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

      • 9

        戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

      • 10

        中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

      もっと見る

      Picture Power

      レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

      【写真特集】幸せを探してスクールバスのわが家は走る