Newsweek

加谷珪一

経済ニュース超解説

コロナ給付金の財源問題も即解決だが......取り扱い注意なトービン税とは

2020年07月01日(水)11時50分
    コロナ給付金の財源問題も即解決だが......取り扱い注意なトービン税とは

    SARINYAPINNGAM/ISTOCK

    <コロナ経済対策として、ベーシック・インカムとともに諮問委メンバーが言及した「財政の切り札」。そのインパクトと危険性は?>

    新型コロナウイルスに関する「基本的対処方針等諮問委員会」のメンバーに経済の専門家として加わった小林慶一郎氏(東京財団政策研究所研究主幹)が、感染対策によって増大する財政問題の解決策として「トービン税」の導入を提唱して話題となっている。

    プロフィール

    プロフィール

    加谷珪一

    経済評論家。東北大学工学部卒業後、日経BP社に記者として入社。野村證券グループの投資ファンド運用会社に転じ、企業評価や投資業務を担当する。独立後は、中央省庁や政府系金融機関などに対するコンサルティング業務に従事。現在は金融、経済、ビジネス、ITなどの分野で執筆活動を行う。億単位の資産を運用する個人投資家でもある。
    『お金持ちの教科書』 『大金持ちの教科書』(いずれもCCCメディアハウス)、『感じる経済学』(SBクリエイティブ)など著書多数。

    本誌紹介

    特集:バイデン vs 中国

    本誌 最新号

    特集:バイデン vs 中国

    トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

    2021年1月26日号  1/19発売

    人気ランキング

    • 1

      アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

    • 2

      米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」が盗難

    • 3

      議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、取り巻きたちの全内幕

    • 4

      州兵たちの仕事は「愛国」を叫ぶ同胞たちから議事堂…

    • 5

      マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

    • 6

      入院できないコロナ自宅療養者が急増 重症化を察知…

    • 7

      米司法省、議会襲撃めぐり地方政府当局者を逮捕 大統…

    • 8

      米議会襲撃で盗難されたペロシ下院議長のパソコン、…

    • 9

      七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

    • 10

      新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

    • 1

      新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

    • 2

      マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

    • 3

      ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(英規制当局)

    • 4

      アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

    • 5

      無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

    • 6

      「生意気な青二才」「お前が言うな」批判も浴びた金…

    • 7

      七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

    • 8

      トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

    • 9

      「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

    • 10

      議会乱入の暴徒が叫んでいた「ハング・ペンス(ペン…

    • 1

      「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

    • 2

      新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

    • 3

      脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

    • 4

      マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

    • 5

      世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

    • 6

      ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

    • 7

      北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

    • 8

      アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

    • 9

      無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

    • 10

      米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】埋もれゆくシベリア「骨の道」の記憶