加谷珪一

経済ニュース超解説

中途半端な「緊急事態宣言」は、守りたいはずの経済にも逆効果か

2021年01月13日(水)11時44分
    中途半端な「緊急事態宣言」は、守りたいはずの経済にも逆効果か

    ISSEI KATOーREUTERS

    <前回より緩い宣言は経済に大きな打撃を与えないとも言われるが、長期的には必ずしもそうではない>

    新型コロナウイルスの感染が急速に拡大していることから、政府は2度目の緊急事態宣言に踏み切った。経済の落ち込みが懸念されるが、前回と比較して規制の内容が緩く、それほど大きな影響を与えない可能性もある。

    昨年の大みそかにおける新型コロナウイルスの新規感染者数(東京都)は、これまでの水準を大きく超える1337人と衝撃的な結果になった。事態を重くみた菅義偉首相は正月返上で対応に当たったが、2日には小池百合子東京都知事をはじめ1都3県の知事が政府に緊急事態宣言の発令を要請。知事らに押し切られる形で、政府は緊急事態宣言の発令に踏み切った。

    昨年は地域別に1カ月から1カ月半にわたって発令され、2020年4~6月期の実質GDPは記録的な落ち込みとなった。今回はとりあえず1都3県のみが対象(編集部注:13日には大阪、愛知など7府県にも拡大される見通し)だが、それでも日本全体のGDPの約3割を占めるため首都圏の消費が停滞する影響は大きいだろう。

    日本の消費者は1カ月当たり約20兆円の支出を行っているが、不要不急の外出が制限されると、必需品しか購入しなくなるため、統計上はおおよそ半分の消費がストップする。単純に1都3県で個人消費が半分になった場合、1カ月当たりの減少額は約3.3兆円と計算される。

    昨年の緊急事態宣言では1カ月当たり10兆円の消費が失われたので、大ざっぱに言えば、前回の3分の1程度の影響が予想される。

    感染拡大を防止する効果は薄い?

    一方で、今回の宣言では大きなマイナスにはならないとの見方もある。対象が1都3県に限定され、施設の使用制限も基本的に飲食店が中心であることから、事実上、首都圏の飲食店を対象にした営業自粛要請にすぎないとの解釈も可能だ。

    そうなると日常的なビジネスは今までどおり維持されるので、影響は特定業種に集中することになる。飲食店にとっては大打撃なので、十分な支援策が必要だが、全国民に10万円を給付した前回のような大型の支援策も検討されない可能性が高いだろう。

    もっとも、今回の宣言が経済的に大きな打撃を与えないのであれば、疫学的には、感染拡大を抑止する効果が薄いことを意味している。感染症の専門家のほとんどが、人の移動が増えるとその分だけ感染が拡大すると指摘している。

    プロフィール

    プロフィール

    加谷珪一

    経済評論家。東北大学工学部卒業後、日経BP社に記者として入社。野村證券グループの投資ファンド運用会社に転じ、企業評価や投資業務を担当する。独立後は、中央省庁や政府系金融機関などに対するコンサルティング業務に従事。現在は金融、経済、ビジネス、ITなどの分野で執筆活動を行う。億単位の資産を運用する個人投資家でもある。
    『お金持ちの教科書』 『大金持ちの教科書』(いずれもCCCメディアハウス)、『感じる経済学』(SBクリエイティブ)など著書多数。

    本誌紹介

    特集:ルポ  武漢研究所のウソ

    本誌 最新号

    特集:ルポ 武漢研究所のウソ

    新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

    2021年6月22日号  6/15発売

    人気ランキング

    • 1

      最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

    • 2

      オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

    • 3

      BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

    • 4

      閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

    • 5

      「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

    • 6

      やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

    • 7

      「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

    • 8

      洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

    • 9

      本気で国の未来をビットコインに賭けたウクライナ...…

    • 10

      ディズニー映画から「本物の悪役」が姿を消したのは…

    • 1

      最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

    • 2

      オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

    • 3

      中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

    • 4

      BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

    • 5

      やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

    • 6

      閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

    • 7

      病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

    • 8

      徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

    • 9

      将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

    • 10

      「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

    • 1

      4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

    • 2

      脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

    • 3

      国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

    • 4

      最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

    • 5

      デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

    • 6

      閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

    • 7

      東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

    • 8

      オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

    • 9

      武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

    • 10

      【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】母国がにじむ中国系住民の郊外的日常