金 明中

日韓を読み解く

韓国の世代間格差と若者の怒り

2020年09月15日(火)11時35分

    学費の値下げを求めて座り込む韓国の学生(2011、ソウル) Cho Sung-Bong-REUTERS

    <高成長時代にまだ少なかった大学卒としていい会社に入り家も手に入れた386世代に対し、アジア通貨危機後に社会に出た世代は安定した仕事もお金もないない尽くし>

    プロフィール

    プロフィール

    金 明中

    1970年韓国仁川生まれ。慶應義塾大学大学院経済学研究科前期・後期博士課程修了(博士、商学)。独立行政法人労働政策研究・研修機構アシスタント・フェロー、日本経済研究センター研究員を経て、2008年からニッセイ基礎研究所。日本女子大学現代女性キャリア研究所客員研究員、日本女子大学人間社会学部・大学院人間社会研究科非常勤講師を兼任。専門分野は労働経済学、社会保障論、日・韓社会政策比較分析。

    本誌紹介

    特集:世界が尊敬する日本人100

    本誌 最新号

    特集:世界が尊敬する日本人100

    免疫学者から歌舞伎役者、ユーチューバーまで世界が認めた日本の天才・異才・鬼才100人

    2021年8月10日/2021年8月17日号(8/ 3発売)

    人気ランキング

    • 1

      東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

    • 2

      元男性が女子の重量挙げに出るのは不公平じゃないの? 五輪史上初のトランスジェンダー選手にくすぶる批判

    • 3

      1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

    • 4

      パリ五輪ロゴの出会い系アプリ激似説がネットで再燃

    • 5

      福山雅治ほどの温厚な人を怒らせた「3つのスイッチ」とは

    • 6

      地球上に残された「最後の秘境」で自然の静寂に耳を…

    • 7

      「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

    • 8

      コーチもいないオーストリアの数学者が金メダル、自…

    • 9

      人生はほとんど運。運が良い人・悪い人の決定的な差…

    • 10

      「一度壊れると元には戻らない」 コロナに打ち勝つ免…

    • 1

      東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

    • 2

      1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

    • 3

      いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が成功しない訳

    • 4

      「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

    • 5

      競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

    • 6

      チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

    • 7

      東京五輪、視聴率苦戦の根本理由

    • 8

      ドラァグクイーンと子供のふれあいイベントが抗議殺…

    • 9

      地球帰還のベゾス氏、空気を読まない発言に怒りが集…

    • 10

      福山雅治ほどの温厚な人を怒らせた「3つのスイッチ」とは

    • 1

      東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

    • 2

      1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

    • 3

      加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

    • 4

      20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世に…

    • 5

      「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

    • 6

      「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

    • 7

      「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

    • 8

      人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

    • 9

      韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

    • 10

      いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】ウトヤ島乱射事件、惨劇の被害者との10年目の再会