Newsweek

木村正人

欧州インサイドReport

極右、トランプという暗黒が生んだフランスの新星マクロンの魅力とは

2017年02月22日(水)15時00分
    極右、トランプという暗黒が生んだフランスの新星マクロンの魅力とは

    最初は半信半疑だった聴衆をも熱狂させるマクロン Masato Kimura

    <フランス大統領選、極右政党・国民戦線のルペン党首を止められるのは、イデオロギーより結果を約束するマクロンだけだ>

    「マクロン!」「マクロン!」「マクロン!」――21日夕、ロンドンのセントラルホール・ウエストミンスターは若者の歓声で沸き返った。「欧州と単一市場、欧州連合(EU)がまさに今、問われている。もしブレグジット(イギリスのEU離脱)を十分に議論しなかったら、我々は弱くなる」

    プロフィール

    プロフィール

    木村正人

    在ロンドン国際ジャーナリスト
    元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
    masakimu50@gmail.com

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:韓国人の本音 ピョンチャン五輪と南北融和

    本誌 最新号

    特集:韓国人の本音 ピョンチャン五輪と南北融和

    平昌五輪での北朝鮮の融和外交が世界を驚かせたが、当の韓国人は南北和解と統一をどう考えている?

    2018年2月27日号  2/20発売

    人気ランキング

    • 1

      北朝鮮スケート選手の妨害に、日本人選手「故意ではない」

    • 2

      【動画】ショートプログラム歴代最低の3点!──羽生結弦と真逆の演技はこれだ

    • 3

      思わず二度見してしまう、米スピードスケート代表ユニフォームの秘密

    • 4

      仮想通貨バブルの崩壊で、腐ったリンゴを取り除け

    • 5

      オランダのスケート選手「犬を大切にして」に韓国ネ…

    • 6

      銃乱射を生き残った高校生たちに全米から誹謗中傷な…

    • 7

      「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

    • 8

      韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

    • 9

      仮想通貨クライシス、それでも成長は止まらない

    • 10

      銃乱射の被害者を訪問したトランプ、ご機嫌で大顰蹙…

    • 1

      北朝鮮スケート選手の妨害に、日本人選手「故意ではない」

    • 2

      「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

    • 3

      【動画】ショートプログラム歴代最低の3点!──羽生結弦と真逆の演技はこれだ

    • 4

      思わず二度見してしまう、米スピードスケート代表ユ…

    • 5

      仮想通貨バブルの崩壊で、腐ったリンゴを取り除け

    • 6

      北朝鮮「スリーパーセル」論争に隠された虚しい現実

    • 7

      ベネズエラ版ビットコイン「ペトロ」は新手の仮想通…

    • 8

      韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

    • 9

      オランダのスケート選手「犬を大切にして」に韓国ネ…

    • 10

      食べつくされる「自撮りザル」、肉に飢えた地元民の…

    • 1

      北朝鮮スケート選手の妨害に、日本人選手「故意ではない」

    • 2

      265年に1度? 31日夜、「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」が空を彩る

    • 3

      マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

    • 4

      「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

    • 5

      「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

    • 6

      北朝鮮と戦う米軍兵士は地獄を見る

    • 7

      「逆にいやらしい」忖度しすぎなインドネシアの放送…

    • 8

      北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北…

    • 9

      50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

    • 10

      北朝鮮を戦争に駆り立てるトランプに怯え始めたロシア

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい