Newsweek

木村正人

欧州インサイドReport

世界はなぜ「離脱の時代」を迎えたか──英国のEU離脱、揺れるルノー・日産連合、トランプの離脱ドクトリン

2018年11月26日(月)13時30分
    世界はなぜ「離脱の時代」を迎えたか──英国のEU離脱、揺れるルノー・日産連合、トランプの離脱ドクトリン

    EUを離脱するメイ英首相(筆者撮影)

    [ブリュッセル、パリ発]英国の欧州連合(EU)離脱協定書と新たな関係についての政治宣言が11月25日の日曜日、ブリュッセルで開かれたEU臨時首脳会議で正式に合意された。45年に及んだ「結婚生活」の破局にEU首脳の多くは「悲しい日」「悲劇だ」と表情を曇らせた。

    しかし、ジャン=クロード・ユンケル欧州委員長は言葉とは裏腹に両手を広げて歓喜の表情を浮かべた。連邦主義者のユンケル氏は「最善で唯一可能な合意」と欧州の結束を乱し続けてきた英国を突き放した。

    プロフィール

    プロフィール

    木村正人

    在ロンドン国際ジャーナリスト
    元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
    masakimu50@gmail.com

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:人生を変えた55冊

    本誌 最新号

    特集:人生を変えた55冊

    コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

    2020年8月11日号  8/ 4発売

    人気ランキング

    • 1

      中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

    • 2

      再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港先市町村にも拡大か

    • 3

      K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国のコンテンツビジネス、ダントツの稼ぎ頭は......

    • 4

      中国に「無関心で甘い」でいられる時代は終わった

    • 5

      大ヒット中国SF『三体』を生んだ劉慈欣「私の人生を…

    • 6

      死刑に賛成する弁護士もいる、終身刑ではいけない理…

    • 7

      コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティ…

    • 8

      「文化の盗用」は何が問題で、誰なら許されるのか?…

    • 9

      新型コロナウイルス感染症で「目が痛む」人が増えて…

    • 10

      日本人の親による「子供連れ去り」にEU激怒──厳しい…

    • 1

      コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

    • 2

      アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階氏や今井氏など

    • 3

      中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

    • 4

      【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

    • 5

      中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

    • 6

      「韓国の対応は極めて遺憾、このような状況では政策対…

    • 7

      抗議デモに参加した17歳息子の足元に新品の靴 略奪…

    • 8

      三峡ダムより九州の水害を報じる、中国報道は「ポジ…

    • 9

      南シナ海でやりたい放題の中国、ベトナムいじめが止…

    • 10

      東京都、30日コロナ感染367人で過去最多 小池知事、酒…

    • 1

      コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

    • 2

      中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

    • 3

      「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

    • 4

      中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

    • 5

      科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

    • 6

      中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

    • 7

      韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

    • 8

      宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

    • 9

      アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

    • 10

      戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】幸せを探してスクールバスのわが家は走る