Newsweek

木村正人

欧州インサイドReport

秘密のベールに覆われたメーガン妃の男児出産 筆者はこう見る

2019年05月08日(水)09時20分
    秘密のベールに覆われたメーガン妃の男児出産 筆者はこう見る

    メーガン妃が無事男の子を出産した後、ウィンザー城で報道陣の前に表れたハリー王子 Steve Parsons/REUTERS

    [ロンドン発]待ちに待った英王位継承順位6位のヘンリー王子(34)と元米人気女優メーガン妃(37)の第一子となる男児が6日誕生した。王位継承順位はヘンリー王子に次ぐ第7位。しかし異例ずくめの展開に外国人ジャーナリストとして困惑しなかったと言えばウソになる。

    秘密の厚いベールに覆われたメーガン妃の出産予定日は「4月28日」(英大衆紙)と言われていた。それから8日が経過した5月6日午後2時(日本時間同10時)、英王室が「今日の朝早くにメーガン妃の陣痛が始まった。ヘンリー王子はメーガン妃のそばにいる。発表はすぐに行われる」とメディアに一斉メールした。

    英24時間TVスカイニューズの王室担当記者の速報がそれより早かった。英BBC放送が王室報道で出し抜かれるのはあってはならないことだ。

    ヘンリー王子とメーガン妃は「出産をプライベートにしたい」という希望を表明し、300万ポンド(約4億3600万円)かけて改装したロンドン郊外ウィンザーのフロッグモア・コテージに引きこもった。

    56日間も雲隠れ

    3月11日、毎年恒例の英連邦記念行事が行われたウェストミンスター寺院に他の王族とともに出席したのを最後に56日間もメーガン妃は公の場から姿を消していた。2人はフロッグモア・コテージに有機農法の菜園をつくり、野菜や果物、ハーブを育てていると英大衆紙は伝えてきた。

    英王室の一斉メールから40分後、無料の写真共有アプリ、インスタグラムのアカウントに「男の子でした。6日の早朝に誕生。体重は3260グラム。メーガン妃も赤ちゃんも元気です。喜びを分かち合ってくれる皆さんに感謝します。詳細は数日中に」という投稿があった。

    「男の子だ!」(ハリー王子)


    このアカウントは英王位継承順位2位ウィリアム王子(36)の妻キャサリン妃(37)のアカウントから分離して特別に開設したものだ。

    間もなくヘンリー王子がウィンザー城一帯の王室所有地からスカイニューズの生中継に登場し、「信じられないほどうれしい。妻を心から誇りに思う。これまでに想像したことがないほど素晴らしい経験だった。どのようにして女性が新しい生命を生み出すのか(男性である私の)理解を超えている」と表情を和らげた。

    最愛の母ダイアナ元皇太子をスキャンダラスな報道の渦中、突然の交通事故死で失い、精神の平衡を失った辛い経験を持つヘンリー王子。実の父親とその家族から執拗な嫌がらせを受け、保守系大衆紙から「奴隷の子孫と英王子の結婚」とまで叩かれたメーガン妃。

    王になる可能性があるのは誰?

    プロフィール

    プロフィール

    木村正人

    在ロンドン国際ジャーナリスト
    元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
    masakimu50@gmail.com

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:残念なリベラルの処方箋

    本誌 最新号

    特集:残念なリベラルの処方箋

    日本でもアメリカでも存在感を示せない「リベラル」 対抗軸として政権担当能力を示す方法は?

    2019年7月 2日号  6/25発売

    人気ランキング

    • 1

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

    • 2

      犬を飼うかどうかは遺伝子が影響を与えている

    • 3

      若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

    • 4

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 5

      生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

    • 6

      うろたえる韓国、北朝鮮の非核化交渉で脇役に

    • 7

      イランはなぜ米軍ドローンを撃墜したか その真の標的

    • 8

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    • 9

      イランの無人機撃墜がアメリカにとって重大な理由

    • 10

      自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

    • 1

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

    • 2

      若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

    • 3

      テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を50キロメートル走行

    • 4

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    • 5

      自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

    • 6

      走る車の中から子猫を投げ捨て!相次ぐ蛮行に怒りの…

    • 7

      アメリカ心理学会「体罰反対決議」の本気度──親の体…

    • 8

      イランの無人機撃墜がアメリカにとって重大な理由

    • 9

      「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

    • 10

      石油タンカーが攻撃されても、トランプが反撃しない…

    • 1

      サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

    • 2

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

    • 3

      台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

    • 4

      マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

    • 5

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 6

      プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

    • 7

      脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

    • 8

      タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

    • 9

      アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

    • 10

      貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】「差別なき」南アフリカの差別的な現実