Newsweek

木村正人

欧州インサイドReport

秘密のベールに覆われたメーガン妃の男児出産 筆者はこう見る

2019年05月08日(水)09時20分
    秘密のベールに覆われたメーガン妃の男児出産 筆者はこう見る

    メーガン妃が無事男の子を出産した後、ウィンザー城で報道陣の前に表れたハリー王子 Steve Parsons/REUTERS

    [ロンドン発]待ちに待った英王位継承順位6位のヘンリー王子(34)と元米人気女優メーガン妃(37)の第一子となる男児が6日誕生した。王位継承順位はヘンリー王子に次ぐ第7位。しかし異例ずくめの展開に外国人ジャーナリストとして困惑しなかったと言えばウソになる。

    秘密の厚いベールに覆われたメーガン妃の出産予定日は「4月28日」(英大衆紙)と言われていた。それから8日が経過した5月6日午後2時(日本時間同10時)、英王室が「今日の朝早くにメーガン妃の陣痛が始まった。ヘンリー王子はメーガン妃のそばにいる。発表はすぐに行われる」とメディアに一斉メールした。

    英24時間TVスカイニューズの王室担当記者の速報がそれより早かった。英BBC放送が王室報道で出し抜かれるのはあってはならないことだ。

    ヘンリー王子とメーガン妃は「出産をプライベートにしたい」という希望を表明し、300万ポンド(約4億3600万円)かけて改装したロンドン郊外ウィンザーのフロッグモア・コテージに引きこもった。

    56日間も雲隠れ

    3月11日、毎年恒例の英連邦記念行事が行われたウェストミンスター寺院に他の王族とともに出席したのを最後に56日間もメーガン妃は公の場から姿を消していた。2人はフロッグモア・コテージに有機農法の菜園をつくり、野菜や果物、ハーブを育てていると英大衆紙は伝えてきた。

    英王室の一斉メールから40分後、無料の写真共有アプリ、インスタグラムのアカウントに「男の子でした。6日の早朝に誕生。体重は3260グラム。メーガン妃も赤ちゃんも元気です。喜びを分かち合ってくれる皆さんに感謝します。詳細は数日中に」という投稿があった。

    「男の子だ!」(ハリー王子)


    このアカウントは英王位継承順位2位ウィリアム王子(36)の妻キャサリン妃(37)のアカウントから分離して特別に開設したものだ。

    間もなくヘンリー王子がウィンザー城一帯の王室所有地からスカイニューズの生中継に登場し、「信じられないほどうれしい。妻を心から誇りに思う。これまでに想像したことがないほど素晴らしい経験だった。どのようにして女性が新しい生命を生み出すのか(男性である私の)理解を超えている」と表情を和らげた。

    最愛の母ダイアナ元皇太子をスキャンダラスな報道の渦中、突然の交通事故死で失い、精神の平衡を失った辛い経験を持つヘンリー王子。実の父親とその家族から執拗な嫌がらせを受け、保守系大衆紙から「奴隷の子孫と英王子の結婚」とまで叩かれたメーガン妃。

    王になる可能性があるのは誰?

    プロフィール

    プロフィール

    木村正人

    在ロンドン国際ジャーナリスト
    元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
    masakimu50@gmail.com

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:AI vs. 癌

    本誌 最新号

    特集:AI vs. 癌

    ゲノム解析と人工知能で最適な治療薬を発見する究極の癌治療が人類を「最後の敵」から救う日

    2019年10月22日号  10/16発売

    人気ランキング

    • 1

      韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

    • 2

      ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

    • 3

      韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からスタッフが消えた

    • 4

      日本と韓国の危険なゲームが世界経済を殺す

    • 5

      ラグビーW杯で考えさせられる、日本の「おもてなし力」

    • 6

      中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵...…

    • 7

      米軍撤退で追い詰められたクルド人がシリア、ロシア…

    • 8

      韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が…

    • 9

      トルコの侵攻を黙認する見返りに、米国、ロシア、シ…

    • 10

      ラグビー日本代表「多様性ジャパン」は分断と対立を…

    • 1

      イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

    • 2

      全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描いた被害者の肖像

    • 3

      韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

    • 4

      ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

    • 5

      韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からス…

    • 6

      日本に巣食う「嫌韓」の正体

    • 7

      「国に『金くれ』とか言うなよ」という話? 再開され…

    • 8

      「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

    • 9

      日本が「生産性が低すぎる国」になった五輪イヤー 衰…

    • 10

      ラグビー日本代表「多様性ジャパン」は分断と対立を…

    • 1

      韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が徐々に明らかに

    • 2

      写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

    • 3

      イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

    • 4

      「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

    • 5

      繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

    • 6

      「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

    • 7

      米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

    • 8

      コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

    • 9

      サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

    • 10

      ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】豪華クルーズ船はますます好調