Newsweek

木村正人

欧州インサイドReport

燃えるアマゾン、融けるグリーンランド 2人のデタラメ大統領が地球を破壊する

2019年08月27日(火)15時30分
    燃えるアマゾン、融けるグリーンランド 2人のデタラメ大統領が地球を破壊する

    地球を破壊する2人の「トランプ」(左はブラジルのボルソナロ大統領) Carlos Barria-REUTERS

    [ロンドン発]わが道を行くドナルド・トランプ米大統領に「合意なき離脱」に突き進むボリス・ジョンソン英首相が加わった先進7カ国(G7)首脳会議(ビアリッツ・サミット)。ホスト役を務めたエマニュエル・マクロン仏大統領がフラストレーションを爆発させた。

    トランプ氏やジョンソン氏にではなく、「地球の肺」であるアマゾン熱帯雨林の火災を放置するブラジルのジャイル・メシアス・ボルソナロ大統領に対してだ。

    プロフィール

    プロフィール

    木村正人

    在ロンドン国際ジャーナリスト
    元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
    masakimu50@gmail.com

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

    本誌 最新号

    特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

    意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

    2020年6月 2日号  5/26発売

    人気ランキング

    • 1

      中国請負の高速鉄道建設が工期遅延に予算超過 インドネシア、入札に敗れた日本の参加要望

    • 2

      ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

    • 3

      韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切られた怒りは激烈

    • 4

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

    • 5

      ミネアポリスの抗議デモが暴動に......略奪から店舗…

    • 6

      デーブが語る、『テラハ』木村花さんの死は何が問題…

    • 7

      過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

    • 8

      ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

    • 9

      新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

    • 10

      ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

    • 1

      東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

    • 2

      「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

    • 3

      過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

    • 4

      新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

    • 5

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

    • 6

      ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

    • 7

      ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃…

    • 8

      北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

    • 9

      気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

    • 10

      東京都、新型コロナウイルス新規感染15人 2桁台で3…

    • 1

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

    • 2

      気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

    • 3

      金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

    • 4

      スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

    • 5

      過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

    • 6

      コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

    • 7

      日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

    • 8

      コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

    • 9

      優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

    • 10

      ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】金融エリートたちの意外と普通な苦悩