Newsweek

木村正人

欧州インサイドReport

マスク姿で登場したトランプ米大統領とジョンソン英首相 笑うに笑えぬアングロサクソンの凋落

2020年07月13日(月)12時20分
    マスク姿で登場したトランプ米大統領とジョンソン英首相 笑うに笑えぬアングロサクソンの凋落

    7月11日、今になってやっとマスクを着けて公式の場に出てきたトランプ大統領 Tasos Katopodis-REUTERS

    [ロンドン発]ボリス・ジョンソン英首相が10日、初めてマスクを着用してメディアの前に登場したのに続き、ドナルド・トランプ米大統領も11日、初めてマスクを着けて公の場に姿を見せた。米英両国は第二次大戦以降、大西洋をまたぐ「特別関係」を維持してきたが、遅すぎた両首脳のマスク着用に米中逆転の到来を痛感した。

    プロフィール

    プロフィール

    木村正人

    在ロンドン国際ジャーナリスト
    元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
    masakimu50@gmail.com

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:人生を変えた55冊

    本誌 最新号

    特集:人生を変えた55冊

    コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

    2020年8月11日号  8/ 4発売

    人気ランキング

    • 1

      ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

    • 2

      陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」のリアル

    • 3

      『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

    • 4

      原爆投下75年、あの日アメリカが世界に核兵器をもた…

    • 5

      中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

    • 6

      脱北者、北に逃げる。物語で描かれないその素顔

    • 7

      日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

    • 8

      【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

    • 9

      地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

    • 10

      「消費減税に安倍首相も関心、税率ゼロ%の方が対応容…

    • 1

      コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

    • 2

      中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

    • 3

      ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

    • 4

      K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

    • 5

      陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

    • 6

      奇妙な北朝鮮「戦勝記念日」写真 金正恩の名を刻み…

    • 7

      再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

    • 8

      『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

    • 9

      【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

    • 10

      【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

    • 1

      コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

    • 2

      中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

    • 3

      中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

    • 4

      「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

    • 5

      中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

    • 6

      韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

    • 7

      ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

    • 8

      宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

    • 9

      アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

    • 10

      中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】幸せを探してスクールバスのわが家は走る