Newsweek

小林恭子

失われるイギリス、新しいイギリス

【英ブレグジット】メイ首相が辞任しても離脱の難題は変わらず 新首相に求められることは

2019年05月27日(月)13時05分
    【英ブレグジット】メイ首相が辞任しても離脱の難題は変わらず 新首相に求められることは

    この男も波乱の種に。欧州議会選で英二大政党をしり目に第一党になったとみられる新党「ブレグジット党」のポピュリスト政治家ナイジェル・ファラージ(5月26日)Hannah McKay-REUTERS

    <メイ首相が辞任した後も、国内は離脱派と残留派に分かれて妥協の道は見えない。EUも再交渉には応じないと言っている。イギリスはどこへ漂流していくのか>

    「いつ、辞めるか」という噂が絶えなかった、メイ英首相。5月24日、とうとうその日がやってきた。

    ようやく、官邸前で辞任表明をしたのである。

    プロフィール

    プロフィール

    小林恭子

    在英ジャーナリスト。英国を中心に欧州各国の社会・経済・政治事情を執筆。『英国公文書の世界史──一次資料の宝石箱』、『フィナンシャル・タイムズの実力』、『英国メディア史』。共訳書『チャーチル・ファクター』(プレジデント社)。連載「英国メディアを読み解く」(「英国ニュースダイジェスト」)、「欧州事情」(「メディア展望」)、「最新メディア事情」(「GALAC])ほか多数
    Twitter: @ginkokobayashi、Facebook https://www.facebook.com/ginko.kobayashi.5

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:弾圧中国の限界

    本誌 最新号

    特集:弾圧中国の限界

    ウイグルから香港、そして台湾へ──強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴

    2019年6月25日号  6/18発売

    人気ランキング

    • 1

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

    • 2

      嫌韓で強まる対韓強硬論 なぜ文在寅は対日外交を誤ったか

    • 3

      石油タンカーが攻撃されても、トランプが反撃しない理由

    • 4

      タンカー攻撃、イラン犯行説にドイツも異議あり

    • 5

      「土に触れると癒される」メカニズムが解明される

    • 6

      本物のバニラアイスを滅多に食べられない理由――知ら…

    • 7

      難民を助ける「英雄」女性船長を、イタリアが「犯罪…

    • 8

      未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

    • 9

      アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

    • 10

      エジプトのモルシ前大統領、法廷で倒れ非業の死

    • 1

      ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府に包囲網解除を要求か

    • 2

      未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

    • 3

      香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

    • 4

      厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

    • 5

      タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

    • 6

      日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

    • 7

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

    • 8

      自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

    • 9

      アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

    • 10

      日本の重要性を見失った韓国

    • 1

      サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

    • 2

      台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

    • 3

      マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

    • 4

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 5

      プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

    • 6

      タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

    • 7

      アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

    • 8

      貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

    • 9

      脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

    • 10

      トランプ、エリザベス女王にまたマナー違反!

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】「差別なき」南アフリカの差別的な現実